高校生以来の自律神経失調症。カギは食生活と低気圧

高校生以来の自律神経失調症。カギは食生活と低気圧

今日はじめていらっしゃった、20代女性。

高校生の時から自律神経失調症に悩まされてきたそうです。

 

最初のお悩み

■頭痛

■冷え症

■倦怠感

■動悸

■腹痛

 

…という様子でした。

 

可動域検査

①座った状態で右肩を横から上げると途中で止まってしまう

②仰向けで右脚を上げ、力比べをするとまったく力が入らない

 

調整

体を元気にするのを邪魔しているものは?

→糖化たんばく質

→ストレス

→低気圧

→外邪(湿)

→活性酸素

 

今ある症状で一番先に調整しないといけないのは?

→倦怠感

倦怠感

→栄養素(鉄ミックス)

→知覚神経(後索内側毛帯)

→マヤズム(淋病・結核)心臓・肝臓

 

次に調整したほうがいいのは?

→腹痛

腹痛

→経絡(脾経)

→食中毒(アザスピロ酸)

→ホルモン(セクレチン:小腸ホルモン)

 

今日はこれでいい?

→はい

 

この時点で①右肩の動き、②右足の弱さ、両方がなくなりました。

右肩に関しては、お客様もビックリするくらいグルグル動くようになりました。

 

おわりに

自律神経はデリケートでありながら、体全体のはたらきに関わる神経です。

眠る、食べる、消化する、排泄するといった、健康の基礎部分をつかさどっています。

そんな基礎が揺るがされるのですから、周囲が思う以上に、自律神経の乱れはつらいもの。

 

自律神経のバランスを崩す要因は様々です。

よく言われる食生活やストレスの他、気候や内蔵の不調も挙げられます。

このお客様は、糖化タンパク質や活性酸素といった食生活部分、低気圧や外邪といった気候変動への反応が多く出ていました。

これらの要因をひとつひとつ取り除き、体は強く・受け皿は小さくしていくことで、同じ状況になっても自律神経が乱れにくい体を作っていきます。

 

※自律神経整体は医療ではありません。

※検査結果は、あくまで筋力検査での反応です。

※まずは医師にご相談ください。

※自律神経整体は身体のバランスを整えるものです。

自律神経失調症について詳しくはこちら

自律神経失調症

自律神経失調症に関する関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加