絶え間ない腰痛、鼻炎。糖類の摂り過ぎですい臓が弱った結果…

絶え間ない腰痛、鼻炎。糖類の摂り過ぎですい臓が弱った結果…

今日で2回目の施術を受けられた、20代男性。

腰痛と鼻炎に悩んで来院されました。

 

最初のお悩み

■左腰の痛み

■鼻炎

 

…という様子でした。

 

可動域検査

①座って腕を真横に上げる際、左肩が上がらない

②座った状態で骨盤の高さ・硬さをみると、左側がガチガチ

③仰向けでバンザイをすると、左肩が上がらない

④仰向けで片足ずつ上げた際、左足に力が入らない

④仰向けで両膝を立て左右に倒すと、右に倒した際左腰に痛み

 

1回目の調整

マヤズムが多く出ました。

調整後、①~⑤の痛み・動きの悪さは、全体的に半減しました。

 

2回目の調整

左腰

→場の浄化(家の居間)

→マヤズム(淋病・結核)すい臓・小腸

→毛虫

→糖化タンパク質

→活性酸素

 

 

鼻炎

→食中毒(胆のう毒)

→酵素(プチアリン)

→ホルモン(ソマトスタチン:すい臓ホルモン)

→化学物質・重金属(インジウム)

 

この時点で①~⑤の痛みはすべてなくなりました。

 

おわりに

この方は、消化系に関わる反応と、糖化タンパク質に関する反応が複数出ていました。

お話を伺ってみると、甘いものや炭水化物がお好きなのだそうです。

「おなかの調子はどうですか?」

と伺ってみると、

「ずっと緩いです」

とのことでした。

 

お菓子・炭水化物を食べる

血糖値が上がる

血糖値を下げるためすい臓が頑張る

血糖値が一気に下がるとお腹が急激に空き、またお菓子を食べる

この繰り返してすい臓が疲れてくる

すい臓とタッグを組んでいる小腸は、すい臓がダウンしてくると単独で働くことになる

小腸も疲れてくる

お腹がゆるくなる・アレルギー状態になる・肌荒れやかゆみ・腰痛

 

甘いものや炭水化物を摂りすぎていると、このような流れで体調を崩しやすくなります。

この方にも、甘いものや炭水化物は出来る範囲で控えたほうが、調子がよくなって体が軽くなりますよ、とお伝えしました。

 

※自律神経整体は医療ではありません。

※検査結果は、あくまで筋力検査での反応です。

※まずは医師にご相談ください。

※自律神経整体は身体のバランスを整えるものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加