小さい頃からの喘息、鼻炎。お子さんにも現れた同じ症状の原因は、家系の弱りグセ

今日で5回目の施術を受けられた、30代の女性。

以前は首・肩・手のしびれ、頭痛でいらしていましたが、気になるところはほぼなくなったとのこと。

他に改善したい症状はありますか?と聞いたところ…

 

お悩み

■小学生低学年からの鼻炎

■同上、結膜炎

■同上、喘息

 

…という様子でした。

 

検査&調整

①バンザイすると左の肩に痛み

②膝を立てたまま右に脚を倒すと左の腰に痛み

 

鼻炎

→虫アレルギー(ヤケヒョウヒダニ)

→植物アレルギー(コスモス)

→細胞活性ティッシュソルト

(ケーライアイオダム:リウマチ、老化現象)

→マヤズム(梅毒、結核、医原病)

 

喘息

→重金属(ステンレス)

→ハーモナイズ(思考中枢)

→バイタルティッシュソルト

(マグフォス:一般的な痛み)

 

結膜炎

→植物アレルギー(タンポポ)

→虫アレルギー(アニサキス)

→化学物質(電磁波)

 

調整後は目と鼻がスッキリしたとのこと。

咳に関してはまだ変わった感じは分からないそうです。

 

お子さんのお悩み

お子さん(4歳)の調子はどうですか?と聞いてみたら

 

■動物アレルギー

■喘息

 

があるそうで、お子さんも施術することにしました。

お子さんには直接施術するのではなく、患者さんを媒体にして調整することにしました。

猫が好きな私。動物好きなのに触れない辛さを何とかしてあげたかったのです(・ω・)

 

検査&調整

動物アレルギー

→バイタルティッシュソルト

(シリカ:栄養失調・吸収力不足)

→マヤズム(結核・医原病)

 

喘息

→細胞活性ティッシュソルト

(リシュームミュア:母子のつながり)

→ハーモナイズ(発育のコントロール)

 

以上をを調整しました。

「調子が良くなってきたら動物に触ってみましょうか」とお話をして、今回は終了しました。

 

おわりに

お母さんとお子さんを同時に見せて頂いて、体質の遺伝をしみじみと感じました。

4歳という早いうちに取り除いておくことで、これから大きくなっていく中で、余計な不調に悩まされることも少なくなると思います。

みなさんの毎日が、健康でご機嫌であるよう、お手伝いが出来たらうれしいです♪

 

 

※自律神経整体は医療ではありません。

※検査結果は、あくまで筋力検査での反応です。

※まずは医師にご相談ください。

※自律神経整体は身体のバランスを整えるものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加