産後に骨盤が緩む理由

妊娠中や産後に尿もれや腰痛などが気になることが思います。それは、骨盤が緩む原因の場合があります。なぜ骨盤が緩んでくるのでしょうか。

それでは、産後に骨盤が緩む理由についてご説明していきましょう。

出産前と妊娠中や出産後に体調の違いがあるのは?

妊娠と出産は女性にとって心と体にとって大きな変化がある女性の一生の中で特別な出来事のひとつでしょう。体内で胎児が大きくなって体内から外へ生まれ出てくる過程は、普段の状態とは違う期間です。

このためお腹の中の赤ちゃんが安心してお母さんのお腹の中で健康的に育つような環境の為に体も少し変化していきます。また出産の時に子宮や骨盤や骨盤を支える靭帯や筋肉が傷ついたりすることもあります。

出産前と妊娠、出産後の体調の変化については

・急激なホルモンのバランスの変化

・胎児の成長によって子宮の広がり

・胎児の成長と共にお腹の張り、腰に負担がかかる

・胎児の成長と子宮の広がりで骨盤が緩む

などです。

またこういった体の変化はお腹の中の赤ちゃんが健康的に育って無事に出産ができる為のものです。

骨盤が緩むとどうなるの?

最近の女性で気にことのひとつで妊娠、出産骨盤が緩むということがあると思います。

何故骨盤が緩むでしょうか。

理由としては、

・生活様式の変化が原因で骨盤を支える筋肉が弱くなる。

・胎児が子宮の中で成長して圧迫する。

などが考えらます。

それでは骨盤が緩むとどういった影響がでるのでしょうか。

特に妊娠中の場合は子宮が押し下がって、子宮の下にある骨盤底筋郡という所に赤ちゃん頭の部分が押されるような形となり苦しい状態になります。その影響でお腹の張りが出て胎児の成長に影響を与え、切迫早産の原因の一つと考えられます。また出産の時の赤ちゃんの出口が狭くなりにスムーズな出産に影響があります。

通常、出産後は子宮が収縮してそれと同様に骨盤の緩みもゆっくりと閉じて行きます。しかし、子宮が収縮しないことや骨盤が元の正常な位置に戻らない、骨盤の開きが戻らないなどがある場は、腰痛、冷え、尿漏れ、体重が戻りにくいなどといった症状につながります。

妊娠中と産後骨盤ケアが必要なのは?

妊娠中そして出産の為に骨盤が緩んでくるものですが、妊娠中は子宮の位置が下がり過ぎないように骨盤のケアが大切です。また産後について、自然と緩みが戻るものですが、歪んだ状態で戻った場合または緩んだ状態では、体に不具合を生じる為産後についても骨盤ケアが必要となるでしょう。

骨盤のケアについては妊娠中では産婦人科で行われています。また提携する鍼灸などの東洋治療を取り入れたケアをされる産婦人科もあります。産後については、整体院など施術を行う所が数多くあります。

おわりに

産後になかなか体重が戻らない、腰痛がひどくなった、そして尿漏れなどで悩んでおられる方は骨盤の緩みが原因のひとつと考えられます

出産後は生まれた赤ちゃんのお世話で大変な時期ですが、骨盤のケアをすることで改善されることも多くあります。出産された産婦人科や提携されている整骨、鍼灸院、またはお住まいの近くの整体院などでの施術は行っています。まずはお気軽にご相談してみてはいかがでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加