骨盤矯正の効果について

妊娠中の体の負担を減らす為の妊娠中の軽い体操は良いと聞かれますが、産後はどうでしょうか。産後についても自然に体が元に戻っていきますが、体操や骨盤の矯正は必要なものでしょうか。また実際にはどうでしょうか。

それでは、骨盤矯正の効果についてご説明していきましょう。

骨盤矯正は必要か?

赤ちゃんが生まれた後から早く子宮については元の所に戻るというのが一般的なことですが、骨盤については徐々に戻っていく感じです。また骨盤に関係する筋肉などについて赤ちゃんの重みや無理な姿勢が続いた結果に筋力が落ちてしまってもとの状態に戻り難いといったことがあります。その為骨盤が正常な位置に戻らない場合や緩んで開いたままの状態という場合もあります。

特に産後の女性の約半数くらい骨盤の痛みの症状に悩みがあり、3カ月以上経過していても骨盤の回復がされていないという結果もあり、このような場合、骨盤矯正は必要となるでしょう。

腰などの痛みを伴うなどの場合についえ骨盤の矯正や骨盤周辺の筋肉を体操やストレッチまたは、筋肉の疲労を回復することによって軽減することがあります。

骨盤矯正は効果があるか?

骨盤の歪みや緩みがある場合、骨盤を正しい位置に戻すと良いといわれていますが本当に効果はあるのでしょうか。

子宮脱などの骨盤臓器脱症状の予防の為に、骨盤の底にある筋肉を元のように戻す為に疲労回復させて、筋力がアップするようにする必要性はあると考えられます。その理由として骨盤臓器脱の場合は根本的な治療は外科的には手術によるものと一時的な温存療法のものになるからです。

腰痛など痛みの軽減の為については、激痛を伴う痛さがある場合にはまず、痛さを鎮める為にブロック注射(トリガーポイントブロック注射)を整形外科などで治療として使用されることがありますが、痛さを抑える為のものですので根本的治療というわけではありません。よって、根本的な回復の為には骨盤の矯正を目的とする牽引などがあります。骨盤の歪みによって動きにくくなっている箇所を動くようにすることや骨盤ベルトによって補強することによって痛みが軽減されていくと考えられています。

また普段の生活のなかでの運動などストレッチによって骨盤を強化することで腰痛などの痛みの軽減もあります。

骨盤矯正にはすぐに効果が表れない場合もありますが(特に運動療法)続けることで、予防効果と促進効果を生むものですので続けることで症状が軽減していきます。

腰の痛みが骨盤の緩みの原因となる仙腸関節が関係している場合(出産後の方多いと言われています。)の治療については、整形外科、整骨院、整体院などになります。治療は主に温存治療(牽引、注射、運動療法)になります。それらで治らない場合は外科的な手術として仙腸関節固定術といったものになります。

おわりに

骨盤矯正については、様々な方法があります。先ずは出産後の疲れが少なくなってから、骨盤の矯正について実行されると良いでしょう。

治療などについては、整形外科や産婦人科のセミナーの様なものもあります。また整体院、整骨院でも行っています。整体院や整骨院などには出張で対応されるところもあります。先ずはご自分が利用し易いとことで、無理なく続けることができるところから始めて下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加