腱消炎:患者さんからの質問!何故?整体で治療なの?

一般的な腱鞘院の治療については安静が大切なものです。

整体やカイロプラクテックなどの整体の治療が何故腱鞘院にとってよいのか分からないという患者さんからの声を頂きます。あらためて、患者さんの質問と説明についてお答えしたいとおもいます。

なぜ整体が腱消炎の治療によいのか?

整体といえば体をポキポキと音をならして痛いイメージでより腱消炎がひどくなるのではないのかと考えてしまいます。大丈夫でしょうか。

治療の為に固定などをした部分の筋力の低下や血行が悪くなっている場合などがあります。

腱鞘炎の箇所の近くの筋肉の固まりや血行を促進する必要性の為にますひとつあります。

(整骨院の治療などがこれにあたる部分です。)

そして、整体としては、やはり体の歪みなどから生じる部分などがあると考え、腱消の腫れの原因となっている部分などを再度確認して、腱鞘に関連している骨や関節などの歪みなどを整えることで腱鞘が炎症して圧迫部分を開放して、体全体のバランスを整えるといった考えがあります。

なぜ手や腕以外の場所についての施術が行われるのですか?

腱消炎といえば普通は手や腕の症状が多いのですが他の所の施術が行われることがありますが何故ですか?必要はあるのですか?

 

A:整体については施術前にかならず、問診があります。始めて来られる時はとくにしっかりとその症状について確認して関連する事がらについてもお聞きします。

腱消炎は一般的には手や腕などを酷使するなどの使い過ぎの原因が多くあります。しかし原因はひとつとは限らず、妊娠や後年期の時期によるホルモンバランスの崩れが原因となっている場合も多くあります。また使い過ぎの原因と加わってストレスなどがある場合、その他持病などが原因でそれの負担となっている場合。といたように原因が1つに特定できないケースも多くあります。

そういったケースについては、手や腕以外の体の変調がある部分や歪みなどがある所も施術を行うことで、体全体のバランスを整えることで手や腕の原因の痛みも改善されます。

やはり根本となっている原因を正さなければ再び、手や腕の負担がかかってくるので、出来る限り整体で体の全体のバランスを整えることで体の一部に負担がかからないようにする。といた目的があるのです。

例えば、ホルモンバランスやストレス等の自律神経の乱れがある場合は、これらを整える必要性があります。

整体を施術して痛みが出たら(よりひどくなったら)と思うと不安です。

基本的には無理に力を加えるといったことは行いません。また施術前の確認と施術中、や後にも痛みがないかの確認をさせて頂きます。

しかし、痛みなどは個人差がありますので、もし、痛み等がある場合はその時や事前に遠慮なくお申し出下さい。無理はやはり良くありません。体調にあわせて施術の方針も変更になります。その時にすぐにおしゃっていただければ良いと思います。

おわりに

簡単ですが、患者さんの多い質問についてお答えさせて頂きました。

患者さんのなかにはなかなか治らず、悩んでおられている方が多くあり、また周りの方に理解されずそういったことについでも多くの患者様が悩んでおられます。

当院においては、痛みなどの治療はもちろんですが、患者さんが日々悩んでおられる事についても少しでも軽減されるように心がけて日々の施術をおこなっております。

「こんなことぐらいで」といったことでも気軽に質問していただいも大丈夫ですのでまずは

一度お越し頂ければと思っております。

他の人に悩んでいることを話すことによって、少し心の負担が軽くなり本来の治療も頑張ろうという気持ちも改めて湧いてくるのだと思います。

腱鞘炎について詳しくはこちら

腱鞘炎

腱鞘炎に関する関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加