治りづらいTFCC損傷

TFCC(三角線維軟骨複合体)は手関節の小指側の手の骨と尺骨(前腕の小指側にある骨)との間にある三角形の軟部組織のことです。TFCCをケガなどにより痛めてしまうと軟骨・靭帯は再生しにくいので治りにくい症状です。

有名人では野球選手の松中選手、相撲の武蔵丸がTFCCと言われています。

症状

手の関節の小指側に痛みと腫れがあり、物を握る動作やドアのノブを回す動作で痛みが強く出ます。 手首がグラグラする・力が入りにくい・引っかかった感じなどがあります。

 

原因

外傷・・・転んで地面に手をついたり、交通事故の衝撃で傷めることもある。

スポーツ(野球・テニスなど手首をよく使う人に多い)

ウェイトリフティングで痛める人もいます。

慢性・・・何もしていないのに徐々に痛みが強くなってくる場合もあります。

(体のゆがみや疲労の蓄積で固くなり、痛めやすくない

尺骨突き上げ症候群・・・尺骨が橈骨より長いとTFCC損傷になりやすい。

一般的な治療方法

安静、ギブス・・・手首を休ませることにより回復を促す。

マッサージ・・・筋肉を柔らかくすることにより、痛いところに血が巡るようにする。

サポーター、テーピング・・・血行を阻害しないよう、痛みが出ないように固定しつつ動けるようにする。

電気・・・痛みがあるところに使い筋肉を柔らかくする。

常若整骨院式のTFCC損傷の治療方法

手首だけを見ることはしません。まずは身体全体のバランスを整えることに集中します。

 

・バランスが良くなると血液の流れが良くなり手首にしっかり栄養がいくので、回復力を高めることができます。

 

・筋肉が柔らかくなり手首への負担が軽減できる。

 

・自律神経からアプローチすることにより、身体全体に力強さを出して、

手首を動かしやすくする。

 

 

TFCC損傷の方を見ることがよくあるのですが、

多くの方は痛みで身体全体が疲れてしまっています。

 

疲れを取るだけでも筋肉が柔らかくなりかなり痛みは減っていき
何回かすると身体が変わっていくのがわかると思います。

完全に痛みをとることは難しいかもしれませんが、来る価値はあるはずです。

首・肩〜手・手の指について詳しくはこちら

首・肩〜手・手の指

首・肩〜手・手の指に関する関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加