顎関節症

■顎関節症で困ること

口が開けにくい

顎が鳴る

顎が痛い

ごはんが食べにくい

喋りにくい

■顎関節症の原因

噛み合わせが悪い(片方歯だけで噛む)

顎の筋肉や骨に負担がかかる動作(頬杖など)

歯をくいしばる

歯ぎしり

ストレス

自律神経の乱れ

歯ぎしりや歯の食いしばりはストレスが主な原因と言われています。

片方の奥歯でばかりご飯を噛む、頬杖をつくなども、日常の何気ない動作ですが、とても大きな要因です。

日常生活のよくないクセの蓄積が顎関節症を生じさせます。

■常若整骨院での顎関節症施術

顎関節症の方の多くは

自律神経が乱れています。

改善することにより顎の硬さが緩んできます

理由は顎だけの問題ではなく、体全体の問題だから。

かみ合わせの悪さが全身のゆがみに繋がるという話を聞いたことがあるかもしれません。

体の骨は全身がつながっていて、単なるパーツの寄せ集めではないということ。

顎関節症が軽くなったら、体が疲れにくくなったというお話もあります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加