足底腱膜炎

■足底筋膜炎の悩み

歩いていると痛みがある
走りたくても痛くて走れない
練習を集中してできない

■足底筋膜炎の原因

足先からかかとまでの筋肉・腱の膜が色々な要因(疲労の蓄積、扁平足、加齢、靴)などにより硬くなり、足に負荷がかかり続けることにより、痛みが出現する。

立ちっぱなしの仕事、部活、営業職の方が多く来院されています。

■常若整骨院での足底筋膜炎の施術法

足底筋膜炎はなかなか改善しにくいと思われがちですが、患者様が足の負担を減らしてくれる期間をある程度とっていただき、常若に来ていただけたら、比較的早期に改善します。

改善しにくい要因としては、今までどおり仕事やスポーツしながら治そうとするから回復が遅れてしまいます。
テーピング・インソールなどでなんとかしようとしても足に負担がかかり続けていますので、なかなか治りません。
足の奥で炎症が起きていて、マッサージ・ストレッチをしたら逆効果になってしまいます。

常若では痛みがある箇所をほとんど触らずに体全体の血液の循環力を高め、炎症が早く消えるように目指します。
次に何で足底筋膜炎になったかの原因を調べ、二度と辛い思いをしないように、根本的に改善していきます。
どこかで治療を6回してもらいなかなか改善しなかったら、ぜひ常若にお越しください。

股関節・膝・足の悩みについて詳しくはこちら

股関節・膝・足の悩み

股関節・膝・足の悩みに関する関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加