眼精疲労

■眼精疲労の悩み

目が疲れる・痛い
まぶたが重い・けいれんする
ドライアイ
目の奥が痛い
頭痛がする
夕方になると目がかすむ
目が赤くなったり、涙がでる

■眼精疲労の原因

仕事による目の使いすぎ
めがね・コンタクトがあっていない
クーラーの風(人工的な風。乾燥しやすい)

目の周りには筋肉が多くあり、集中して使うと疲労がたまり筋肉が硬くなって、結果血の循環が滞り、目が疲れやすくなってきます。

デスクワークやテレビ鑑賞、スマートフォンの長時間使用の際は、1時間ごとにタイマーをかけ、目を休ませる等の対策がオススメです。

目薬を使う際は、「眼精疲労に」と書いてあるものを選びましょう。

同じ目薬でも、抗菌目薬や花粉症用の目薬などでは、思った効果を見込めません。

■常若整骨院での眼精疲労の施術

目を良く使うデスクワークの方は首の後ろが疲れてきます。

首が疲れると首から肩につながっている筋肉も疲れてきて硬くなります。

まずは全身の疲労をとってあげます。

血の循環を良くして、特に硬くなっているところ

首・肩・背中などの筋肉を緩めてあげ

最後に顔の筋肉の左右のバランスをとると

かなり目がパッチリ開きます。

自律神経失調症について詳しくはこちら

自律神経失調症

自律神経失調症に関する関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加