頚椎椎間板ヘルニア

■頚椎椎間板ヘルニアの悩み

・日常動作で首を動かすたびに痛みがでてつらい

・背中が痛い

・腕を下ろすと痛みがでる(腕の重みが首にきて痛みがでる)

・首から手にかけてしびれがある

・首から手にかけての感覚がおかしい

・肩から手にかけて力がはいらない

■頚椎椎間板ヘルニアの原因

・首への負担が大きい運動・仕事・生活習慣

・お年を召される

・姿勢が悪い

主な原因はこの3つです。

首は7つの骨(頚椎)によって構成されています。

この骨と骨の間には椎間板というクッション材があり、それが首への衝撃を和らげています。

しかし、上記のような原因によって首の負担が蓄積されていき、限界を超えると、椎間板が飛び出てしまいます。

飛び出た椎間板が神経を圧迫することにより、痛み・しびれ・感覚の異常・力が入らないなどの症状がでます。

どこの首の骨の椎間板が飛び出たかによって症状が変わります。

■常若整骨院での頚椎椎間板ヘルニア施術

ヘルニアになっている箇所に負担をどれだけ減らせるかによって、完治するまでの期間が短くなります。

・なぜこの状態になったか

・仕事

・子供のころから現在までになったケガ

・趣味

・生活での癖

などを詳しく聞いていき、首に負担をかけているところを探して、負担がかからないように体全体のバランスをとるようにしていきます。

常若には、「以前頚椎ヘルニアになった」と言われる方が多くいらっしゃっています。

「時間がたったら痛みが消えた」というのですが。実際に触ってみるとその部分が硬くなりすぎていて、頭痛・めまい・すぐ疲れるなどいろんな症状がある方が多いです。

施術すればつらい症状は改善されるのですが、なってから時間がたっていますので治療期間が少し長くなってしまいます。

最初にヘルニアになった時にしっかり治してもらわないと、後々までつらい症状が続きますので、気をつけて下さいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加