野球肩(リトルリーガーショルダー)

■野球肩の悩み

・球速が以前より出なくなった気がする
・肩が疲れやすくなった
・投げる時に痛みがはしる
・全力で投げることができない
・肩を動かすだけでつらい
・投げ始めは痛いがだんだん痛みが消えてくる
・夜うずいて眠れない
・緊張して本来のピッチングができない

■野球肩の原因

一番の原因は、投球による肩の使いすぎ、そして体操や施術といったケアの不足です。

オーバーユース(使いすぎ)で筋肉が硬くなる。

体の筋肉のバランスが崩れてきてフォームが悪くなり肩に負担がかかってくる。

肩の周囲にも負担がかかってくる。

筋肉が硬くなるの悪循環で症状が悪化していきます。

このような流れで野球肩を発症します。

特にリトルリーグ肩(リトルリーガーショルダー)と呼ばれるお子さんの野球肩は、本人が練習を休みたくない・レギュラーから外されるかもしれないといった不安から、痛みを我慢しすぎる傾向があります。

もしもお子さんから痛みの訴えがあった場合は、保護者の方が、

「やりたい気持ちはわかるけど、今は休んで肩を回復させることが最優先」

「無理をして、中学・高校で思うように野球ができなくなるのは辛いことだよ」

「本気で野球をやっていきたいなら、プロを見習って、ケアも本気でしようね」

と言ってあげてください。

■常若整骨院での野球肩の施術

野球肩の症状がどれくらいかにより治療期間は変わります。
初期症状でしたら、早期の回復を見込めますが、軟骨や靭帯が損傷していると思ったように回復しない可能性があります。

常若での治療は自律神経にアプローチして、体のゆがみ・筋肉の硬さ・内臓の疲れ・緊張状態の神経を正常にしてあげ、患者さん本来の回復力を取り戻して、「寝たら疲れが取れる」状態になるよう目指します。

体がリラックスすると体がスッキリしてすべてが良い方向にいきます。
パフォーマンスが向上するので試合前に来院する患者さんもいらっしゃいます。

どこに行っても症状がすっきり回復しない方、良かったらお越しください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加