坐骨神経痛

■坐骨神経痛の悩み

・腰・臀部(お尻)・太ももの後ろ・ふくらはぎ・足の先に鋭い痛み・しびれ・強い張りを感じる

・腰を動かすと痛みが強くなる

・安静にしていても痛くて寝れない

・お尻が痛くて座れない

・足がダルい・冷たい・熱い感じがする

・足の裏の感覚が分からなくなってくる

■坐骨神経痛の原因

何らかの要因で、腰から足にかけて伸びている坐骨神経が圧迫されることにより症状がでます。

・脊柱管狭窄症

・椎間板ヘルニア

・すべり症

・梨状筋症候群

などから引き起こされます。

■常若整骨院での坐骨神経痛施術

どこで坐骨神経痛になっているか?で治療方法が変わってきます。

例えば…

●脊柱管狭窄症・椎間板ヘルニア・すべり症などであれば腰の骨の負担はどこにあるのかを調べていきます。

●梨状筋諸侯群だと臀部(お尻)の筋肉の硬さを緩めていき、そこから原因がどこにあるかを調べていきます。

体のバランスが悪いと腰に負担がかかることが多くなり、長期間その状態が続くことによりつらい症状になってしまいます。

女性の方は早めに治そうとしようと続けてきてくれる方が多く、改善していくのですが、男性の方はかなり悪くなってどうしようもないくらいにならないと来ない方が多いです。

仕事が忙しすぎて来れないのか、怖いから来れないのか、はわかりませんが、我慢しすぎる傾向にあります。

症状が進行するほど治りは悪くなっていきますし、なにより時間とお金がもったいないです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加