産後骨盤矯正

■産後の骨盤矯正

元気な男の子を連れていらっしゃった、30代の女性。

1年前にご出産されて以来、歩くときに違和感があり、股関節がコクンと鳴るような軽い衝撃があったり、

股関節が飛び出ているような、ズレているような嫌な感じがするのだそうです。

また、授乳の際に赤ちゃんを抱っこする姿勢が悪く、肩こりや頭痛でも悩まれていました。

■産後の骨盤のズレが引き起こすこと

●歩くときに違和感がある

●スカートが歩いていると回る

●生理痛が重くなる

●月経周期に沿ってイライラがひどくなる

●腰周りにお肉がつきやすくなる

●足の長さが左右で違う、そのために歩くと疲れやすい

●肩の高さが左右でちがう

■産後の骨盤のズレの原因

妊娠中、女性の身体は「リラキシン」というホルモンを分泌します。

これは出産をしやすくする為に骨盤まわりの関節をゆるめる効果のあるもので、

出産時をピークに徐々に減少していきます。

しかし、あくまでも「徐々に」なので、出産後しばらくは骨盤が緩みやすい状態が続いています。

赤ちゃんを産むという大仕事で疲れきっている時、しかも骨盤をゆるめるホルモンが分泌されつづけているとなると、

産後の骨盤はかなりズレやすい状態にあるといえます。

この時にあまり長距離を歩いたり、変な姿勢を続けたりと無理をすると、

骨盤のズレは後々にまで残ることになってしまいます。

■常若整骨院での産後の骨盤矯正

常若整骨院の骨盤矯正は、とてもソフトでありながら、威力は骨盤だけにとどまりません。

骨盤のズレは膝、足、肩、手まで影響を与えますが、これらの広い範囲までカバーします。

①骨盤、股関節、膝、足首、肩、肘、手首といった全身の関節の動きをチェックします。

②チェックで見つけた、痛み・動きの悪さ・硬さの原因となった部分をゆるめていきます。

 この場合の原因は、痛みや硬さのすぐ側にあることがほとんどです。

③再度チェックを行い、痛みや動きづらさが軽減したかどうかを確かめ、残っているようなら再度ゆるめていきます。

冒頭の女性の場合は、最初のうちは<良くなって、また悪い状態に戻る>のサイクルが早かったので

1日おき、2日おきの間隔で施術を受けていただきました。

結果、4~5回の施術で安定して良い状態になりました。

その後はどんどん施術の間をあけるようになり、

2・3週間に1回のペースで身体のメンテナンスに通われることになりました。

骨盤矯正の効果で肩こりや頭痛も軽減し、そちらの施術も進みやすくなりました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加