椎間板性腰痛

■椎間板性腰痛のお悩み

腰痛はX線を撮っても異常は見られないのですが椎間板性腰痛はX線に異常が見られ、椎間板ヘルニア、不安定腰椎があります。

椎間板は背骨の骨の間にあり、背骨にかかる衝撃を吸収し、背骨を保持する役割を持ちます。
椎間板に関わる腰痛は他の腰痛と比べ治りにくいことが多いです。

■椎間板性腰痛の原因

腰に負担がかかりやすい仕事をしている方
高齢者(老化)
姿勢が悪い方

■常若整骨院での椎間板性腰痛の施術

普段どんな姿勢・生活習慣をしているかカウンセリングしていき、なぜ椎間板に負担がかかってきたかを調べていきます。
腰の動きは初めは悪いので、体の疲労をとってあげることにより、体全体の血液の循環が良くなり、体の可動域が改善されてきます。
これでも動きが悪いところが腰に関係してくるのでそれを解消していきます。

少しずつ改善に向かっていきますが、施術後のケアがとても大事です。
家でできるケア(ストレッチ・筋肉トレーニング・食事・睡眠など)をしっかり指導していき、患者さんと二人三脚でやっていきます。

腰痛について詳しくはこちら

腰痛

腰痛に関する関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加