姿勢性腰痛

■姿勢性腰痛の悩み

・朝起きると腰に痛みがある

・長時間台所で立っていると腰が痛くなってくる

・長時間デスクワークをしていると腰が痛くなってくる

・腰がずっと重だるい感じ

・腰がうずく感じで痛む

■姿勢性腰痛の原因

姿勢性腰痛は、慢性の腰痛です。

長時間同じ姿勢をすると、腰の筋肉は疲れて硬くなります。

この繰り返しを毎日続けていくと、だんだんと血の循環が悪くなり、さらに腰の筋肉に負担がかかります。

筋肉の疲労が一定以上、その人の身体が耐えうる以上に溜まってしまうと、腰全体に痛みがでるようになってしまいます。

例えば、

・台所の高さが合わない方、子供を抱っこする方

・肥満(体型が崩れてきて腰に負担がかかってしまう)

・中腰の姿勢をする仕事

など長時間の同じ姿勢をすることにより、腰に負担がかかってしまい、慢性的な痛みになっていきます。

この腰の痛みを長期間続けてしまうと、腰の骨に負担がかかり、椎間板ヘルニアのような症状になってしまう恐れもありますのでお気をつけください。

■常若整骨院での姿勢性腰痛の施術

①普段の生活や仕事の中でよくする姿勢を聞きます。

②体全体の疲労をとっていきます。

③動きが悪い関節をよくしてあげると体のバランスが良くなり、腰の痛みも軽減していきます。

痛みをこらえて家事・育児・仕事をしてくと余計に疲れがたまっていき、姿勢性腰痛だけでなく、ギックリ腰や頭痛・腱鞘炎などつらい症状が増えていってしまいます。

早めに治すと、つらい症状を未然に防ぐことができ、毎日が快適に暮らせます。

腰痛について詳しくはこちら

腰痛

腰痛に関する関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加