腰部脊柱管狭窄症

■腰部脊柱管狭窄症

・長い時間歩くことができない(間欠性跛行)

・背筋をまっすぐ歩くと下半身にしびれや痛みがでて歩きにくくなる。

・体を反ると症状が強くなる。

・休んだり、前かがみの姿勢になると楽になる。

・狭窄する場所により、排尿・排便障害がでることもある。

・坐骨神経痛

・下肢筋力の低下

■原因 

・加齢に伴う骨の変形

・ヘルニアやすべり症などにより狭窄する

・事故・ケガなど

・筋力が低下している方

■常若整骨院での腰部脊柱管狭窄症の施術

狭窄症でしびれがあるところは筋肉が硬くなって血流も悪くなり、体が疲れきった状態になっているので、まずそこから解決していきます。

疲労を取ってあげることにより血流が改善し、筋肉が柔らかくなり、腰への負担が減ってきます。

腰をまっすぐにした時や後ろに反った時に腰に負担がかかりにくいように筋肉のバランスを整えていきます。

以前、歩くと腰に痛みがでる間欠性跛行の50代女性の方が来院しました。

その方は歩くのがきついからと毎回自転車で来院してました。

最初左膝に痛みがでて腰に負担がかかり、しばらくしたら右の股関節にも痛みが出てきたそうです。

2回施術をした時点で左膝の痛みがほとんどなくなり、4回目で腰の痛みはほぼなくなり、現在は右の股関節のみが少し気になるくらいに回復し、歩く時間が大分増えたそうです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

常若整骨院

私に任せてくれたらもう大丈夫です!ご予約はこちら

0120-947-446

0120-947-446
ネット予約はコチラ LINE予約はコチラ
受付時間
12:00〜20:00(完全予約制)
定休日
日曜日・祝日 第2土曜日 第4木曜日

〒814-0005福岡県福岡市早良区祖原4−3