胸郭出口症候群

症状

首をひねったりするとしびれや痛みがはしる
洗濯物を干す動作や電車のつり革につかまる動作でしびれや痛みがはしる
肩コリがひどく、肩~手にかけてしびれや痛みがある
ダルさがあり力が出ない。
冷たい感じがする
腕や手の色が白くなってくる。
重いものを持つと痛みが悪化する。
同じ姿勢をすると痛みが悪化する。
頭痛やめまい、背中・肩甲骨周辺に痛み。

原因

鎖骨と第一肋骨の間を通る斜角筋の隙間を胸郭出口といいます。
この間を血管と神経が通っていて、何かしらの理由で圧迫されることにより
肩~手までしびれや痛みが出現します。

種類
・斜角筋症候群(前斜角筋と中斜角筋の間で圧迫されておきる)
・過外転症候群(小胸筋と肋骨の間で圧迫されておきる)
・肋鎖症候群(鎖骨と第一肋骨の間で圧迫されておきる)
・頸肋症候群(首の骨がのびて圧迫されておきる)

4つを総称して胸郭出口症候群と呼びます。

なりやすい人(胸郭出口が狭くなりやすい人)

猫背で顔を前に突き出した姿勢
なで肩の筋肉が弱い女性
肩コリがある
長時間のデスクワークをする方
ストレートネックの人

一般的な治療方法

電気
シップ
痛み止め
マッサージ
ストレッチ
注射
手術

常若整骨院
ほとんどの方が猫背であるため正常の位置に戻し
出口を広げしびれをなくします。

自律神経失調症について詳しくはこちら

自律神経失調症

自律神経失調症に関する関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加