猫背の原因を突き止めて、猫背体質を改善しよう!

猫背は様々な要因が重なって起こります。猫背によって体調不良を訴えたりします。そうならない為にも猫背の原因を突き止めて改善していく事が重要です。それでは、どのような原因があるのでしょうか。これから詳しく解説していきます。

■猫背は現代病
 現代人のおよそ『90%は猫背』と言われています。パソコンを使う機会が多くなった、携帯電話やタブレットをよく閲覧している、運動不足、筋力の低下等が原因となっています。1つでも思い当たる点があるならば、『猫背予備軍』あるいは『既に猫背』であると言えます。確かに、パソコンや携帯電話・タブレットは現代社会の通信手段としてとても便利な物であり、欠かすことの出来ない物となっています。しかし、パソコンや携帯電話等を長時間行っていると、運動不足を招き筋力が弱っていきます。
 『ジムで体を鍛えているから大丈夫』と思っている方でも、普段の生活で猫背の姿勢を続けていたとしたら、猫背になってしまいます。
 『常に正しい姿勢』という考えで行動していき、運動不足だと思っている方はウォーキングやジョギングを行うようにして下さい。電車で職場に通っている方は、1駅前で降りて、その区間を歩くといった事も行うと良いでしょう。また、歩いて通勤・通学している方は少し遠回りをして歩いてみて下さい。体力が付きダイエットにも繋がりますし、生活習慣病予防にもなります。

■昔から猫背はあった
 昔の日本は『農耕』によって生活していました。畑を耕し、苗を植え、実った物を掘り起こすという作業を行っていました。作業している時の姿勢を考えてみて下さい。背中を丸め、頭を下げて行っていた事でしょう。その体勢が、遺伝されて私達も猫背になりやすい体質を持っていると考えられます。
 お年寄りの中で背中が曲がっている方を見た事が1度はあると思います。その方は既に背中の骨格が曲がってしまっています。このまま猫背の生活を送っていたら、今まで以上に背中の骨がカーブして、歪んで曲がってしまうかもしれません。こうならないためにも、私達は普段から気を付けて生活していきましょう。

■日本人は猫背になりやすい
 他にも原因はあります。『日本人の体型』です。欧米人と比べてみると解るのですが、日本人は身体に厚みがなく、横に広がっています。つまり、平べったい体型である為にお尻や太ももの筋肉や背中の筋肉が充分に発達しにくくなっているそうです。背中の筋肉が発達していないという事は猫背になりやすい体型であるという事です。その為にも私達は背筋を鍛える事が重要だと考えられます。

■子供の猫背が増加中
 最近、公園で走り回っている子供を見た事がありますか?学校で体育の授業で思いっきり体を動かしていても、学校から帰ってきて遊ぶ物といえば、『ゲーム』ではないでしょうか。公園に行っても、皆小型ゲーム機で遊んでいる光景を目にすると思います。現代の子供は昔と比べて運動を行っていない、つまり運動不足であるという事が大きく取り上げられています。小型ゲーム機を使っている子供の姿勢を見てみて下さい。皆背中を丸めて首を下げていますよね?子供の頃からそういう癖が付いているという事は、子供の時から猫背になっているという事なのです。
 また、家でゲームを行っている体勢も、私達が日常パソコンを使っている様な状態です。夢中になってゲームを行っていると、体が前のめりになってしまいますね。これも、猫背になってしまう原因にもなります。
 そして、子供の骨は成長期の段階にあります。このまま猫背体型を保ったまま、骨が成長していき、大人になると・・・もうお解りですよね。猫背の骨格になったまま大人になっていくのです。子供の時に猫背の癖が付いてしまっているので、骨が変形したまま成長していきます。
 お子様がいらっしゃるご家庭は、お子様の姿勢を考える必要があります。

■猫背の原因は骨盤の歪みからも起きる
 猫背は姿勢が悪くなってしまう事から起こりますが、実は『骨盤』のズレからくる猫背もあります。
 骨盤がズレていると体のバランスを取る事が難しく、特に頭を支えている骨が変形しまいます。その状態でも猫背の原因となります。特に女性は『出産』という事を行う場合もありますので、骨盤がズレやすくなっています。
 そして、普段の生活でも骨盤がズレてしまっているのです。靴が片方だけすり減る、何も無い所でつまづく、足を組んで座る癖がある、立つ時に壁に寄りかかったり片方の足に重心を置いてしまう、歩いているとスカートが回ってしまう、といった症状は骨盤がズレている可能性が高いです。
 骨盤矯正ベルトをしたり、骨盤のズレを治してくれる整体院に行き、骨盤のズレを治しましょう。

■猫背の原因を作らない
 では、猫背の原因を作らない為にはどの様に生活していけば宜しいでしょうか。これは『正しい姿勢で日常生活を送る』事です。デスクワークをよく行う現代社会では難しい事かもしれませんが、ストレッチ等を取り入れて正しい姿勢を心がけて下さい。

■猫背の原因をやっつけるストレッチ
 猫背の原因を作らない為にも普段からストレッチを行う事も重要です。寝る前にストレッチをしたり、仕事や学業の合間にストレッチを定期的に行う事で猫背にならない体を作る事が大切になってきます。
 ここで、肩甲骨や背筋以外のストレッチ法をご紹介します。

※太ももの裏の筋肉のストレッチ
 意外って思う方もいらっしゃるかもしれませんが、これは骨盤のズレを治すストレッチでもあります。太ももの裏の筋肉は骨盤と繋がっている為、この部分の筋力が衰えていると、骨盤がズレて猫背の原因となってしまうのです。これも簡単に行なえます。

1. 立った状態で片方の足を椅子に乗せます
2. ゆっくりと体を前に倒す
3. そのまま15秒キープ
4. ゆっくり体を戻して、もう片方の足を椅子に乗せる
5. これを5セット繰り返す

※お尻の筋肉のストレッチ
 太ももの裏の筋肉と同様に、これも骨盤のズレを治すのにも効果があります。

1. 椅子に浅く腰掛けて、片方の足首を反対の足のももの上に乗せ、体を垂直になるように背筋を伸ばす
2. その姿勢を保ちながら股関節からゆっくり前に倒し、お尻の筋肉が伸ばされたと感じた所で30秒キープ
3. 体をゆっくりと元に戻し、もう片方の足も同じ様に行う
4. これを3セット繰り返す

※胸の筋肉のストレッチ
 猫背になっていると肩甲骨は外側に離れてしまっています。胸の筋肉を鍛える事によって肩甲骨が内側にいくようになれば自然と猫背は改善されます。

1. 立ったまま両足を肩幅位に広げる
2. 両腕をまっすぐ後ろに伸ばして、両手を組む
3. 組んだ両手を持ち上げながら、ゆっくりと体を外側に反らす
4. そのまま10秒キープ
5. ゆっくり体を元の状態に戻す
6. これを5セット行う

 これらのストレッチを行っていると、それぞれの筋肉が伸びているのが非常によく解ります。ここで注意しなければいけない事は、動作を行う時は『ゆっくりと行う』事が重要です。無理に体を動かしてしまっていては、かえって腰痛を起こしかねません。息を吐きながらゆっくり行って下さい。

 また、普段とは違う姿勢をしてみる事も重要です。足を組んだり、肘を付いたり、体を捻ったりと癖のある姿勢をしている事が多い時は、その姿勢をやめる、あるいはいつもと反対側の足や肘を使うといった動作を行ってみて下さい。何か不自然な感じもしますが、癖を治すのに最適です。また、日常生活でもカバンを持つ手を変えてみる、電車の吊革を持つ手を変えてみる、料理をする時にフライパンを持つ手を変えてみる、といった行動をすれば、もう片方の手の筋肉も鍛えられます。意識的に行う事が重要です。

 そして、普段から目線を上げて生活する事も重要です。パソコンや携帯電話・タブレットを使用している時は目線が下にいっています。つまり、うなだれた格好になっているのです。目線を上げ背筋を伸ばせば、堂々とした印象になりますし、猫背も解消されてきます。

 それから、姿勢が良くなるようにバレエや書道・社交ダンス等の習い事を行うのも良いでしょう。これらをマスターすれば、自然と姿勢が良くなっていきます。乗馬も良いですね。また、体を動かしますのでダイエットにも繋がります。

 いかがでしたか?この様に猫背の原因やそれを解消される方法が解ったのではないでしょうか。猫背の原因を知り解消法を『意識的に行う』事で、体の歪みが消えて癖も治ります。皆さんも是非、実践していって下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加