あなたの姿勢は大丈夫?猫背を予防して正しい姿勢を心がけよう

誰だって綺麗な姿勢でいたいものですが、最近では『猫背』の方が多くなってきています。猫背は姿勢が悪く見えるだけではなく、体内に様々な影響を及ぼします。
 では、猫背を予防するためにはどうしたら良いのでしょうか。これから詳しく解説していきます。

■猫背とは?
 猫背とは『猫の背中の様に、人間の背中が内側に反っている』事を言います。人間の背骨は元々真っ直ぐではありません。頭を支えている頚椎から骨盤までは緩やかなS字カーブを描いています。しかし、猫背は背骨の中の『胸椎』という部分が通常よりも大きくカーブしてしまっているのです。
 車を運転している時を例えてみてみましょう。緩やかなカーブの時は少し減速をすれば良いのですが、急カーブになるとブレーキを大きく踏み、かなり減速しなくてはいけません。その為、車に負担をかけてしまっています。
 それと同じ様に猫背になってしまうと、私達の体に大きく負担をかけているのです。

■正しい姿勢を知ろう!
 正しい姿勢とはどの様な物でしょうか。初めに壁を使って立ってみましょう。
 まずは、かかとを揃え足のつま先を広げます。その後、後頭部・両肩・お尻・ふくらはぎ・かかとを壁に付けて下さい。その時に髪の毛を上に引っ張られているかの様な感じで背筋を伸ばします。そして、肩は胸が張っている感じで両肩をくっつけます。それから、腰と壁の間に手を入れてみてみましょう。この時、片手のみが入るスペースがあれば完璧です。

 そして、そのままの形をキープしたまま、一歩ずつ足を出してみましょう。その時、骨盤から足を前に出す気持ちで行って下さい。その時にお尻を締め、足元は『かかとから着地し、つま先で前を蹴り出す様に歩いて』下さい。かかとを引きずって歩いている方を多く見受けますが、これは正しい歩き方ではありません。また、足を広げたまま歩くのも良くありません。自分で意識しながら歩いてみて下さい。

 そして、座る時も背筋を伸ばしたままで顎を引きます。この時は椅子の後ろにもたれないようにして下さい。そして、この時は前かがみにならないように気を付けて下さい。背筋を伸ばしたままでいる事が重要です。

■正しい姿勢は疲れない
 正しい姿勢をしている時に、肩に力が入ったりしていませんか?体が緊張していませんか?いくら正しい姿勢を意識していても、これでは疲れてしまいますね。実は正しい姿勢をしている時が一番疲れないのです。
 疲れを感じさせない正しい姿勢を確認するのは『ヒザ立ち』です。床にヒザをついて立ちます。その時、スッと背筋がまっすぐになった感覚になりませんか?この感覚を掴んだまま、立ったり、歩いたり、座ったりしてみましょう。そうすれば、疲れない正しい姿勢をキープ出来ます。この確認方法は数秒で出来ます。家庭でも職場の休憩時間でも行えるので、是非ヒザ立ちをする事をお勧めします。

■猫背チェック
 壁を使って立っている時に、体のあちこちが辛いと思ってはいませんか?幾つか項目をあげていきますので、ご自身でチェックしてみて下さい。

○後頭部が壁にくっつかない
○あごを引く事が出来ず、上を向いてしまう
○腰が痛くなってしまう
○壁と腰の間に両手が入ってしまうスペースが出来る
○ふくらはぎが張っている感じがする
○体が前に倒れそうになる

 あなたは幾つ当てはまったでしょうか。1つでも当てはまったのならば、猫背の可能性があります。また、『下腹がポッコリ出ている』・『便秘気味』であるといった症状も猫背の可能性があると言えます。

■猫背には種類がある
 猫背には大きく分けて4種類あります。1つずつ説明していきましょう。

①お腹猫背
 反り腰でお腹が前にでている猫背のタイプです。これは、妊娠中の方やハイヒールを履いている方に多いです。

②腰猫背
 座っている時に腰の部分が丸まっている猫背のタイプです。これは、あぐらをかく方や足を組む癖がある方に多いです。

③背中猫背
 背中の中心が丸まる猫背のタイプです。これは腕を組む癖がある方に多いです。

④首猫背
 頭が突き出た様に見える猫背のタイプです。これは高い枕を使って就寝されている方に多いです。

 この様に猫背にも様々なタイプがあります。これは自分では解らない事ですので、身近にいる方に見てもらいましょう。

■猫背にならないために対策をしよう
 猫背対策は様々ありますが、ご自身で意識しなければならない事も沢山あります。職場やプライベートでパソコンやスマートフォン等の携帯電話を閲覧している場合や食事をしている時、立っている時、歩いている時、座っている時等に注意し、セルフケアをする事が重要です。
また、猫背矯正ベルトを購入し、姿勢を綺麗に保とうとする方もいらっしゃいます。しかし、矯正ベルトを外してしまった途端に猫背になってしまうと意味がありません。
 まずは自分自身で変えていきましょう。

■猫背予防
 猫背予防としてあげられるのは、普段から正しい姿勢を保つ・ストレッチを行う・背筋を鍛える・枕を変えるといった事です。
 姿勢の件は先に述べておりますので、ここでは割愛させて頂きます。
 ストレッチは硬くなった体を解すのにとても良いですよね。長時間パソコンを使っている方は特にお勧めです。ここで、たった1分で行えるストレッチを皆さんにご紹介します。

1. 椅子に座り、浅く腰掛ける
2. 手のひらを上にして、お尻の下で手を組む
3. 腕を斜め下に引っ張りながら、肩甲骨同士を思いっきり引き寄せる
4. 息を吐きながらあごは上、腕は斜め下へと引っ張り合う。3秒たったらあごと手を元に戻す。

 この様なストレッチを1~2時間おきに行うと体のコリが解れてきます。是非、実践してみて下さい。

 また、普段から腹筋を鍛える方も多くいらっしゃると思いますが、腹筋だけではなく背筋も鍛える事が重要です。背筋の鍛え方にも様々ありますが、寝る前に簡単に行えるストレッチをご紹介します。

1. 布団の上にうつ伏せになり、体の緊張を解す(リラックスする)
2. 手と足を交互に上げながら(右手を上げている時は左足、左手を上げている時は右足)、10回ほど行う
3. 10回行ったら、30秒位休憩
4. これを3セット繰り返す

 これを毎日行う事により、背筋が鍛えられます。しかし、これはあくまでも簡単なストレッチです。腹筋と背筋はバランス良く鍛える事が重要です。腹筋同様、背筋もしっかり鍛えましょう。

 そして、就寝時に使用されている『枕』も猫背予防になります。枕は寝ている時に首を支える為に使われる物ですので、首と布団(ベッド)との間をしっかり埋められる高さである事が重要です。枕が低くて隙間が開いていたり、逆に高すぎて首に負担がかかってしまうと正しい姿勢で寝る事が出来ません。そして、首だけではなく、肩にも力が入ってしまうので、翌朝起きた時に体の疲れが抜けなくなってしまう事があります。そうならない為にも枕を変え、就寝時の体の疲れを改善させるようにしましょう。

 いかがでしたか?この様に猫背には様々な種類があり、それらを予防するための説明を述べてきました。重要な事は『猫背にならない環境をつくる』という事です。その為にも、正しい姿勢を常にキープする事が最もふさわしい事だと思います。
 現代社会ではパソコンや携帯電話などを長時間使用されている方々が多いです。体の歪みは猫背を引き起こしやすいです。
 是非、ご自身で意識して猫背予防を心がけましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加