福岡市早良区 発育性股関節脱臼

股関節かいはい制限が見られる発育性股関節脱臼

赤ちゃんの股の開きが悪いことを股関節かいはい制限があると言って、この症状は発育性股関節脱臼にみられるサインのひとつです。
ただ家庭で股の開きが悪いことに気付くことは少なくて、大抵は健診で医師から赤ちゃんの股の開きが悪いことを指摘されることが多いです。
人間の股関節は体重を支えて歩くために骨盤の凹んだ穴に、太ももの骨の先端が入り込んで構成されていて、それが外れた状態が発育性股関節脱臼です。
脱臼と病名がついているのですが、赤ちゃん自体はまったく痛がることはないのです。
この股関節かいはい制限以外にも、下肢の長さの左右差・仰位で膝をそろえて曲げた時の膝の高さの左右差・太ももの皺の位置が異なるなどのサインもあります。
しかし、股関節の異常がなくてもこれらのサインがみられることもあるので、正確な診断にはレントゲンや超音波検査などが必要になります。

昔は女の子が男の子の10倍の頻度で発症するなど先天的な要因が強いことから、先天性股関節脱臼と呼ばれていました。
しかし、下肢を伸ばした格好でおむつをされるなど、間違った育児習慣も要因として考えられることから、最近は発育性股関節脱臼と呼ばれることが多いです。
また1970年頃まではこの病気の赤ちゃん達が多かったのですが、赤ちゃんの足を自然な位置にというキャンペーンなどで患者数が劇的に減少して、今は1,000人に1~2人といわれています。

発育性股関節脱臼の治療は、軽度ならおむつの当て方や抱き方において、自由に股が開くように心がけるだけで治ります。
それでも治らない時にはハリーメンビューゲルという装具を、約3ヶ月程度装着することになります。
装具装着でも治らない場合や発見が遅れた場合には、入院して両下肢を牽引したり手術したりすることもあります。
早期発見が大切な病気なので、おむつをつける時などに股の開きが悪いかなと感じられる場合は、一度かかりつけの医師に相談すると良いです。

この病気は赤ちゃんの抱き方やおむつの当て方など、育児習慣を注意することによりある程度発生を減少させたり、悪化を防いだりすることができます。
どのような点に注意すると予防法につながるのかというと、まずひとつはオムツや洋服です。
赤ちゃんの脚は両膝と股関節が十分曲がり外側に開いた開排位で、脚が自由に動かせるような状態になっていることが好ましいのです。
ですから、両脚が伸ばされたり股関節かいはい制限されたりするようなオムツや洋服は避けるように注意が必要です。
また抱き方においては、正面から脚が開排位となるようにすることで、抱っこひもで脚が開排位に保てるものであれば問題ありません。
しかしスリングで横抱きにすると両脚が伸ばされた状態になるので、使用するのはあまりすすめられません。
それから向き癖も原因につながるので、脚が外に開くように様々な方法を試みて向き癖を改善することも大切です。
いずれにしても何らかの心配な点がある時にはかかりつけ医や小児科・整形外科などの医師に相談するのが一番です。

福岡市早良区 発育性股関節脱臼なら、「常若整骨院」にお任せください。

※あくまで健康豆知識であり、内容を保証するものではありません

福岡市 早良区 整体について詳しくはこちら

福岡市 早良区 整体

福岡市 早良区 整体に関する関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加