福岡市早良区 肋間神経痛の予防策

日々の生活で可能な肋間神経痛の予防策

くしゃみや伸びをするなど、ちょっとした動作で胸のあたりに痛みを感じる方の痛みの正体は、もしかすると肋間神経痛ということも考えられます。
これは、背中から胸部のあたりの肋骨に沿って走行している神経に痛みを感じるもので、突き刺すようなチクチクとした激しい痛みを引き起こします。
しかし、病院で検査をしても特別な異常が見られないことが多いですし、心臓に近い部分に痛みが起こることから不安を感じてしまう人もたくさんいます。
ただ、現段階では引き起こす原因については徐々に分かってきてはいますが、メカニズムに関しては解明されていないのです。
その為、原因として考えられる要因を排除していくことが、今の状況では痛みを解消する近道になると考えられます。

肋間神経痛の症状ですが、何の前兆もなく痛み出すことが多いですし、全体というよりも胸や肋骨周辺の左右どちらか片側に痛みがでることが少なくないです。
発生する痛みは数分間程度だけで比較的短時間なのですが、先にも触れたように針をさしたような強い痛みがあります。
また、呼吸・くしゃみ・咳などをしたり、胸を広げたり体を捻じったりなどの体位変化をした時に、痛みが発生したり痛みが強くなったりすることが多いです。
人によっては背中・肺・脇腹などにも痛みが生じてしまう場合があって、症状や痛む部位については様々と言えます。

発症した時の対処法としては、予防などを心がけても痛みが生じてしまう場合には、とにかく早めに医療機関を受診して医師に相談することです。
一般的には、痛み止めとして消炎鎮痛剤の塗り薬や湿布、内服薬が処方されますが、外傷がある場合にはコルセットのようなもので胸郭を固定し動かさないようにします。
また症状によっては肋骨に麻酔を注射する対処方法が行われることもあります。
その他の対処法としては、漢方薬・針・低周波などの治療もあるので、担当の医師と相談しながら方法を検討するのも良いです。
ただ、痛みを引き起こす原因がストレスだけでなくて、脊髄や肋骨にガンが転移した場合など、命に係わる思わぬ病気が隠れていることもあるので注意が必要です。
痛いという症状は体の緊急サインと考えて、我慢することなく早い段階で医療機関を受診することで、どんな病気でも早期発見・早期治療が体への負担を軽減させると認識しておくことが大事です。

日々の生活の中でもできる肋間神経痛にならないための予防策もあるので、知っておくと参考として役立ちます。
日々の生活で精神的緊張が続くと体が過度に張って、それにより背中や肩の筋肉に負担をかけ症状を引き起こしてしまうことにつながります。
特に几帳面・神経質な人は、ストレスが要因になって起こりやすい傾向にあるので、細かいことは気にしないでリフレッシュするなど、心にゆとりを持つことが予防になります。
また、ストレッチで体をほぐして体の負担を軽減させると良いですし、日常的に運動をするように心がけることも予防につながります。
それから体が冷えると筋肉が縮んだ状態になって神経痛が起こりやすくなるので、体を温めることも予防策として大切なことです。

 

福岡市早良区 肋間神経痛の予防策なら、「常若整骨院」にお任せください。

福岡市 早良区 整体について詳しくはこちら

福岡市 早良区 整体

福岡市 早良区 整体に関する関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加