福岡市早良区 顎関節症

顎がカクンカクと音が鳴ったり、痛みや開きにくさを感じたら「顎関節症」かもしれません。
「顎関節症」は、若い世代の女性に特に多く見られる症状です。

【「顎関節症」とは】

手の指を3本縦に並べた状態で口に入れてください。
何の問題もなく、指を3本縦にしたまま口を開くことができますか?

もしも、開けない、指3本は入らない、そんなに口を開くと痛い、という方は、「顎関節症」です。
すでに、開口制限がかかっているため、健康な方がすんなりと開く指3本縦が入らないのです。

その他にも、首と顎の動きは連動しているので、「顎関節症」になると首もゆがみます。
さらに、口を開いた状態から閉じる時、顎が揺れたり、上下歯の噛み合せが悪い、顎を動かすたびに音がするなどの症状があります。

【「顎関節症」の原因って?】

原因は、色々とありますが、例えば、不良姿勢、身体の歪み、かみ合わせの問題やストレス、外傷、その他病気などが考えられます。

■姿勢の悪いさ

食べ物をかむ時片方の顎だけでかんだり、テレビを横向きで見る、長時間頬杖をつく、顎と肩で電話を挟んで使用する、ストレスによる食いしばり、夜間の歯ぎしり、猫背やO脚、前かがみの姿勢、同じ姿勢を長時間続けるなどは、顎に悪い癖を与える要因となります。

例えば、食べ物を片方の顎だけで噛む癖がある場合、片方の咀嚼筋だけを使いすぎるいわゆるオーバーユース状態。
その負担が、顎の歪みを引き起こし、結果的に「顎関節症」になります。

その他、長時間の頬杖は、顎を横にしている状態で負荷がかかるので、頻度が多くなるほど、顎がゆがみ、「顎関節症」になります。
仕事中によくみかける肩と顎で電話を挟んでいる癖は、肩と首の筋肉が緊張し、顎が次第に本来の位置からズレます。

■ストレス

ストレスを感じると人は無意識に歯をギュッと食いしばります。
その時、顎全体に強い負荷がかかることで、顎がズレ「顎関節症」のリスクを高めます。

また精神的ストレスは、夜間の歯ぎしりも引き起こすので、昼夜と1日中顎周辺の筋肉は緊張して、ますます「顎関節症」が悪化します。
一方、外的ストレスも「顎関節症」を引き起こします。

交通事故や転倒などで顎をつよく打ちつけると、顎関節内部の関節円板がずれたり、軟骨が傷つき、「顎関節症」になりやすいのです。

【「顎関節症」の予防や対策は?】

「顎関節症」の原因と思われるものを早速取り除くようにしましょう。
例えば、身体の歪みやかみ合わせの悪さが影響している場合は、整骨院や接骨院で骨盤矯正をうけてください。

また片方の歯だけでモノを食べていた方は、左右の歯を均等に使って物を食べるよう意識しましょう。
精神的ストレスによる歯の食いしばりや夜間の歯ぎしりは、専用のマウスピースなどで対応できますが、整体や整骨のマッサージで身体の緊張をほぐし、自律神経の乱れを整える事ができるので、心身ともリラックス効果が期待できます。

その他、気になる原因は、早めに改善してください。
また自分できる「顎関節症」の予防ストレッチを取り入れてください。

ただし、すでに痛みがある方にはおススメできません。
やり方は簡単です。

アイーンをするように、下あごを前につきだしましょう。
そのまま10秒キープの繰り返し5回行ないます。

次に、上唇を内側に丸めるようにし、そのまま10秒キープの5回繰り返します。
最後に、左右に顎をスライドさせるようにゆっくり動かします。

その他耳から顎、肩から鎖骨、へ流すようにマッサージするだけで、顎周辺の血行やリンパを促進し、筋肉のこりや疲労を取り除く事もできます。
ちなみに自宅で出来る顎関節症予防ストレッチは、小顔効果、顔の引締め、リンパの促進による美肌効果など、女性に嬉しい美容効果もありますよ。

福岡市早良区 顎関節症なら、「常若整骨院」にお任せください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加