福岡市早良区 股関節痛

現在、全国に500万人ほどの方が「股関節痛」という辛い症状を抱えていると言われています。
その中でも「変形性股関節症」が多く、症状が進行すると歩く事もままらない状況になるため、生活の質も当然低下します。

ここでは、股関節痛の症状、予防法などを紹介しますので、症状が悪化する前に対処できるようにしてください。

【こんな経験ありませんか】

股関節周辺が痛くて、整形外科で調べてもらったのに

・歳のせいだから仕方ありませんね。加齢です。
・軟骨が磨り減ってどうしようもありません
・これ以上悪化するようなら手術しましょう

等。
その上で、湿布で「少しの間様子を見ましょう」と言われたら、ちょっと不安ですよね。

年齢のせいだから股関節の痛みを我慢しなければならないのか、この痛みから解放されるには、手術以外選択肢はないのか、と考えて、将来が心配でしかたないと思います。

でもだからといって、諦めてはいけません。
その場合、整骨院や接骨院など、骨のスペシャリストに相談してみるのはどうでしょうか。

西洋医学とは違うアプローチで体に感じる痛みを緩和するお手伝いをするのが東洋医学です。
また、施術によって改善できるのは、股関節痛の軽減だけではありません。

体本来の機能を取り戻す、体本来の機能を引き出すために、正しいバランスで整えるのが接骨院や整骨院の得意とする分野です。
そのため、加齢で感じるさまざまな不調対策に最適です。

整骨院や接骨院では、痛みを感じる股関節を無理にゴリゴリしたり、体を強く引っ張ったり圧をかけたりする心配はありません。
それぞれの状態や症状、身体の歪みや股関節の状態、筋肉のこりやハリ、などを詳しく調べた上で、その人に適したオーダーメイドの施術を実施します。

施術はソフト整体なので、痛みを感じる事も一切ありません。
むしろあまりの気持ちよさに施術中寝てしまう方が多いのも事実なんです。

股関節痛の痛みで悩んでいる方、手術と言われて不安を感じている方は、今すぐお近くの整体、整骨院などにご相談ください。

【今注意すべき事は?】

股関節痛は、日々の何気ない行動等で悪化することがあるので、まず、可能な限り股関節にかかる負担を減らす事を意識しましょう。
例えば、すでに股関節痛を抱えている場合、和式トイレによる負担が大きくなりますので、できる限りの範囲で洋式スタイルに変更するようにしましょう。

その他、あぐらをかいたり、正座なの姿勢で股関節に負担がかかるので、椅子やソファにこしかけるようにしましょう。
歩く時の姿勢なども重要です。

例えば、早足で歩くと股関節に負担をかけてしまうので、ゆっくりと歩くようにしてください。
また少しでも痛みや違和感を感じたら、休憩も必要です。

自宅でもできるストレッチもおススメです。
椅子にこしかけたら、足を組みます。

足を組んだまま状態を倒しましょう。
太ももの筋肉が伸びて、股間節が柔らかくなるのを意識してください。

左右も同じように倒した状態で10秒キープの繰り返し5回続けます。
ただし、少しでも痛みを感じたら、ストレッチを中断してください。

福岡市早良区 股関節痛なら、「常若整骨院」にお任せください。

股関節・膝・足の悩みについて詳しくはこちら

股関節・膝・足の悩み

股関節・膝・足の悩みに関する関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加