福岡市早良区 変形性脊椎症の痛みしびれ

変形性脊椎症ってどんな症状が現れるの?
原因や対処法は?手術は避けられないの?

などの不安を抱えている方は、この機会に変形性脊椎症について知ってください。

【変形性脊椎症って?】

加齢で背骨の一部が変形するのが原因で発症する「変形性脊椎症」は、痛みやしびれが主な症状です。
人間の背骨は、椎骨という小さな骨がたて一列に積み重なった集合体で構成。

さらに椎骨と椎骨の間には、弾力、クッション性に優れた椎間板という軟骨が挟まっています。
椎間板によって、硬い椎骨と椎骨が直接ぶつかることがなく、滑らかな動きを実現しています。

しかし、椎間板は日々酷使しすり減ったり、加齢で椎間板の質が悪くなります。
すると、椎骨そのもにかかる負担が大きく、骨棘と呼ばれる骨の棘が形成されるなどの変形が起こります。

変形が進むと、背骨のいずれかに痛みが生じ、これまでどおりに体を動かすことが難しくなります。
ただこれらの痛みは、骨の変形と必ずしも関係があるとはいえず、その場合、神経根や脊柱管狭窄などが重なって起きていると思われます。

■神経根

脊髄神経から枝分かれした神経で、頚椎、腰椎に存在。
頚椎でが圧迫されると身体の上に症状が現れ、腰椎が圧迫されると下肢に痛みや痺れが発生します。

痛みは、個々で異なり、日常生活になんら問題がない軽度の場合から、耐え難い激しい痛みで寝たきりになることもあります。

■脊柱管狭窄症

背骨の変形によって神経を通す脊柱管が圧迫。
腰部で脊柱管狭窄が起こると腰痛や歩行障害が発生。

また筋力の低下、排尿排便困難など深刻な状態に陥る事もあります。

【変形性脊椎症の治療について】

薬物療法や神経ブロック、運動療法、物理療法が一般的。
日常生活でできるのが、安静にすることで、身体に負担をかけないような姿勢を意識することも重要です。

しかし、骨盤の歪みや姿勢の悪さが残されていると正しい姿勢をとることができないので、早めに骨盤矯正を整体や整骨院で受けるようにしましょう。
また肥満ぎみの場合、体重が脊椎を圧迫し変形性脊椎症のリスクを高める事があるので、標準体重を目指しダイエットに励んでください。

過度な食事制限や無理な運動は禁物。
自力で正しく健康的に痩せられない場合も整骨院や整骨院でお手伝いしてもらうといいでしょう。

その上で、質がよく柔軟性に優れた筋肉を強化する運動を取り入れ変形性脊椎症の予防につとめてください。
また、体を冷やさないように注意することも大事です。

冷えによって血行不良が発生すると、身体の隅々に十分な栄養と酸素を届ける事ができません。
体内に蓄積する老廃物なども回収できず、体内では、悪い物質が蔓延。

それが各組織を老化させる要因となり、変形性脊椎症のリスクを高めることも考えられます。
そのため、体を冷やさないことは、とても重要です。

体温が1度上昇すると、免疫力もアップし、基礎代謝も高まるので、余分な脂肪を落としつつ、健康的な体作りの基本となります。
肥満による変形性脊椎症に対する予防にもおススメです。

福岡市早良区 変形性脊椎症の痛みしびれなら、「常若整骨院」にお任せください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

常若整骨院

私に任せてくれたらもう大丈夫です!ご予約はこちら

0120-947-446

0120-947-446
ネット予約はコチラ LINE予約はコチラ
受付時間
12:00〜20:00(完全予約制)
定休日
日曜日・祝日 第2土曜日 第4木曜日

〒814-0005福岡県福岡市早良区祖原4−3