福岡市早良区 神経を圧迫する脊柱管狭窄症

脊柱管が狭くなって神経を圧迫する脊柱管狭窄症

腰部の脊柱管が何らかの原因で狭くなって、脊柱管の中を通っている神経を圧迫することで腰痛やしびれを起こす病気が腰部脊柱管狭窄症です。
若年から高齢まで幅広い年代で発症する可能性のある疾患ですが、特に50歳代~70歳代までの高齢者に多く発症する傾向があります。
脊柱管が狭くなる原因としては、生まれつき脊柱管が狭くて脊柱管が正常より狭く成長したという先天性の原因があります。
また、すべり症や椎間板ヘルニア・腰椎の手術などよる合併狭窄、外症によるものなどがありますし、成長途中で十分な広さが出来なかったものや加齢による病気・変性など後天的な原因もあります。

どこが圧迫されるかによる症状の違いがあって、神経根が圧迫されるタイプは圧迫された方に腰から足にかけてのしびれと痛みの症状が起こります。
神経の束の馬尾が圧迫されるタイプは、足の痺れ・麻痺・脱力感、便尿が出ない・我慢できないといった排泄障害が起こることがあります。
また、ムズムズした感じやチリチリした感じを覚えたりすることもあって、神経根を圧迫されるタイプよりも症状が重いですし、すべり症に関連する場合も少なくないです。
混合タイプというのもあって、これはその名が示す通り神経根と馬尾の両者の症状が現れるものです。
それから腰部脊柱管狭窄症の症状の特徴としては、長い時間歩けないけどしばらく休むとまた歩けるといった間欠跛行があります。
持続して歩ける時間については、症状のレベルによって1~2分の場合から10分程度など異なってきます。
ただ、この間欠跛行について理解してほしいことは、単純に年齢のせいで歩けなくなったと自己判断して放置しないことです。
何もしないで放置していると症状を悪化させることにもなるので、本人と共に家族や周囲の人も注意してあげると良いです。
もう一つ特徴的な症状として前かがみになると楽になるというのがあります。
これは、腰を反らせる状態や立って腰がのびた状態になると神経を圧迫して痛みが強くなるためで、逆に前かがみになることで神経の圧迫が緩むからです。

病院での治療方法としては、排泄障害など症状が重い場合には手術が検討されますが、症状の軽い場合は保存療法を中心に治療を進めます。
保存療法としては、非ステロイド性消炎鎮痛薬や内服薬・貼付薬・塗り薬などを用いた薬物療法があって、血管を広げる作用がある循環障害改善薬を使用して血流の改善を図ることもあります。
また血行の改善を促すためにホットパックによる温熱療法、超音波療法・腰椎の牽引などの理学療法もあります。
それから腰部を安静させる目的で腰部コルセットを装着する装具療法というのもあって、腰を少し曲げた状態で固定する屈曲コルセットを使用するケースもあります。
痛みの伝達を遮断することや血流改善・炎症を鎮める目的で、患部に局所麻酔薬を注射する神経ブロックというのもあって、様々な保存療法で対処します。
ただ、先にも触れたように症状によっては手術が検討されることもあって、範囲や程度・症状によって適切な方法が選択されます。

 

福岡市早良区 神経を圧迫する脊柱管狭窄症なら、「常若整骨院」にお任せください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加