福岡市早良区 バネ指の適切な治療

バネ指は適切な治療を早い段階から受けることが大事

指を曲げるために必要な腱を保護するために、滑膜性腱鞘という薄い被膜が表面を覆っています。
そして腱が指の曲げ伸ばしすることで骨から離れすぎないように、骨に沿う通り道を作り押さえつけているのがトンネル状の靭帯性腱鞘です。
その靭帯性腱鞘の中を滑膜性腱鞘に覆われた腱が滑るように動くことで、スムーズに指を曲げ伸ばしできるようになっています。
しかし、滑膜性腱鞘または滑膜性腱鞘と靭帯性腱鞘の両方が炎症してしまうと厚みを増してしまいます。
その状態で指を曲げ伸ばしするとトンネルの入り口部分で腫れて肥厚した滑膜性腱鞘が引っかかりバネを無理やり縮めたような状態になります。
そして一気に元の状態に戻るバネのような動きをすることからバネ指と呼ばれています。

滑膜性腱鞘や靭帯性腱鞘が肥厚する主な原因は、互いが摩擦を繰り返してしまうことで、手を酷使することにより過度な摩擦が起こるためです。
それにより熱を持ってしまいますし、さらに摩擦を繰り返すことで炎症に発展して肥厚してしまうのです。
特に女性の場合は、加齢や妊娠・出産などでホルモンバランスが崩れ血流が悪くなって、腱鞘が狭くなり腱や腱鞘が緊張状態となりやすくなります。
その為腱や腱鞘の摩擦が強くなることで炎症や肥厚につながりやすく発症しやすいのです。

このように女性に発症しやすい影響を与えるのが、女性ホルモンのエストロゲンやプロゲステロンです。
このエストロゲンには、腱や腱鞘を柔軟に保つ効力や血管を拡張する作用があって、減少すると腱や腱鞘の柔軟性が低下したり、血管が萎縮し血行が悪くなったりします。
もうひとつのロゲステロンには、出産で緩んだ子宮や骨盤を元に戻す効果があって、それは全身に影響するため出産と関りない手の腱鞘も狭くなります。
こうしたことから腱鞘部分の摩擦が大きくなって発症しやすくなるのです。
また、食生活やストレスなどで自律神経が乱れることで、血液の流れが悪くなり緊張状態にあると、同様に腱鞘部分の摩擦が大きくなり発症につながることが考えられます。

それから、こうした習慣的・年齢的な理由以外にも、別の病気が影響して発症することもあります。
その主な原因として考えられている疾患としては、関節リウマチ・結核・細菌感染・糖尿病・人工透析を受けているなどがあります。
関節リウマチ・結核・細菌感染は、化膿性腱鞘炎を引き起こす原因になって、それにより症状を引き起こしてしまう危険があります。
糖尿病を患っている方や人工透析を受けている方も発症することがあるので注意が必要ですが、こうした病気を併発している場合には治療も慎重に行わなくてはなりません。
例えば、使用する薬剤によっては血糖値が上がる危険があるからで、糖尿病患者の場合には専門医に事前に相談しておくことが重要です。

ただバネ指は、痛みや腫れが出現することもありますし、酷い場合には関節が固くなり拘縮がみられることもあります。
放置しておくと症状が悪化するので、適切な治療を早い段階から受けることを心がけることも大事です。

 

福岡市早良区 バネ指の適切な治療なら、「常若整骨院」にお任せください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加