福岡市早良区 足底筋膜炎が原因

踵の痛みを生じているのは足底筋膜炎が原因かも?

足の指の付け根から踵までにある足の裏に膜のように張っている腱組織や足底筋膜に炎症が発生して、小さな断裂を起こすことで痛みを感じる疾患が足底筋膜炎です。
主に40~50歳代以上の方に発症して、踵の骨の前あたりに痛みが起こることが多いですが、スポーツ選手などでは若い世代でも発症することがあります。
足底筋膜炎の特徴的な症状として一番多いのは朝起きた時の踵の痛みで、最初の一歩目やじっとしている状態から次の動作に移る時に踵や土踏まずの部分が痛くなります。
ただ歩いているうちに痛みが軽減していくことが多く、この点が特徴のひとつとしてあって、このことから痛みは骨や筋肉の炎症が原因ではなくて、静止時の体の緊張が原因と考えられるのです。
その理由は、もし骨や筋肉が原因の痛みなら一歩目よりも、二歩、三歩と歩いていくことでドンドン痛みが増していくと考えられるからです。
しかし、緊張が高まり慢性化することにより単に朝だけでなくて、日中歩行している時や家事などでずっと立っている時なども強い痛みがでるようになります。
さらに症状がひどくなっていくと、足を地面についていない状態であっても、四六時中ズキンズキンという痛みを伴うケースもあるのです。

診断ですが、朝起きての数歩がとても痛いけれども、歩いているうちに軽くなるなど、特徴的な症状がみられるので比較的容易に診断がつきやすいです。
ただ、先にも触れましたがレントゲン検査で骨の突起が認められたとしても、それが痛みの原因とは限らないです。
また、40歳以前の人が先の特徴的な症状がみられる場合には、別の病気の可能性も考えられるので安易に自己診断することは危険ですし注意が必要です。

足底筋膜は、体重を支えているアーチ状になっている足の甲の骨をピンと張って支えています。
そのような働きをする足底筋膜ですが、いくら丈夫といっても歩行やランニング・ジャンプで過度に負荷をかけてしまうと、40歳代以降に古いゴム管のようにヒビが入って炎症を起こします。
こうした過使用による炎症や緊張が痛みの原因となりますし、症状が長引くと足底筋膜の付け根にある踵の骨がトゲのように大きくなって痛みが増すこともあるのです。
また発生する原因としては、それ以外にもへん平足や老化によるアーチの低下なども考えられます。
それから、長時間の立ち仕事をする人や厚底靴の使用をしている人にも生じる場合があるので、そうした必要以上に足底筋膜に負担をかけることも原因のひとつと言えます。

足底筋膜炎の治療ですが、スポーツが原因なら練習量を減らして自然治癒を待つとか、刺激を避けて足のストレッチをしながら自然治癒を待つといったことが基本となります。
ちなみに、1ヶ月から3年以内に自然治癒するケースが約9割と言われていますが、非ステロイド系抗炎症剤の湿布薬や塗り薬、踵のクッション材、足のアーチを補助する足底板を使用するなどは必要です。
また、痛みが強くなると局所麻酔剤の注入や消炎鎮痛剤を内服しますし、生活に支障をきたす場合には内視鏡下で足底腱膜を切り離す外科手術をすることも稀にあります。

福岡市早良区 足底筋膜炎が原因なら、「常若整骨院」にお任せください。

※あくまで健康豆知識であり、内容を保証するものではありません

福岡市 早良区 整体について詳しくはこちら

福岡市 早良区 整体

福岡市 早良区 整体に関する関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加