福岡市早良区 脛骨過労性骨膜炎の対処

脛骨過労性骨膜炎は早い段階から適切な対処を

脛骨過労性骨膜炎は、脛骨というすねの骨の下方3分の1に痛みが出る症状のことで、シンスプリント(Shin Splints)とも呼ばれています。
また別名として脛骨内側ストレス症候群(Medial Tibial Stress Syndrome)とも呼ばれます。
マラソンランナーやサッカー選手など、常に走っているスポーツをしている人に多く見られる症状で、うずくような鈍痛があります。
その痛みは骨のラインに沿って起こる場合もあれば、ピンポイントで痛い時もあって、ピンポイントで痛い場合は疲労骨折の可能性も疑われます。
最初のうちは体を動かして温まってくると痛みが軽減するのであまり気にしないですが、症状が進行してしまうにつれて痛みが消えなくなって、場合によっては日常生活の中でも痛みを感じるようになってきます。

発症する原因としては、コンクリートや室内などの硬い地面環境で走る量が増えることにより、すねにかかる衝撃が増えてしまうことです。
また、シーズン入りする前に十分なトレーニングを行っていなかったことで筋力が低下していることも原因になりますし、練習量が急に増えることも原因になります。
その他に考えられる原因としては、練習環境の変化や急激な体重の増加、シューズを変えたことなどがあります。
それから脛骨過労性骨膜炎になりやすい人の特徴として、偏平足・足首の柔軟性不足・O脚・悪いランニングフォーム・運動不足などです。

発生するメカニズムですが、足部には土踏まずと呼ばれる部分をはじめいくつかのアーチがあって、足部の内側・外側・横方向へとドーム状に形成されています。
これによって着地の際に衝撃を吸収してくれるのですが、これらのアーチが崩れると足首が内側に倒れてしまいます。
それにより足首の内側を通って足の骨に付いている後脛骨筋・長拇趾屈筋・長趾屈筋などが引っ張られて、筋肉が常に伸ばされた状態になってしまいます。
この状態が継続すると筋肉が脛骨に付着している部分で常に引っ張られた状態となり、疲労が溜まって炎症を引き起こしてしまいます。
これが骨の表面にある骨膜の炎症で、この状態でさらに無理をすると骨がストレスに耐え切れなくなって、疲労骨折を引き起こしてしまいます。

対処法としては、まずはアイシングをして安静にすることです。
ただ、先にも触れたように初期段階ではあまり気にすることがないため、放って徐々に酷くなるパターンが多いのです。
ですから、すねの辺りに違和感がでたら練習の前後でストレッチやアイシングを怠らないように心がけることが大切になります。
また、それと共に足裏のマッサージなども並行して実施すると良いです。
安易に考えて何もしないで放置していると疲労骨折になってしまうことも考えられるので、危険信号を見逃さずに早い段階から適切な対処をするようすることが大事です。
それから症状によっては、病院や整骨院などで治療を受けることも検討すると良いです。

福岡市早良区 脛骨過労性骨膜炎の対処なら、「常若整骨院」にお任せください。

福岡市 早良区 整体について詳しくはこちら

福岡市 早良区 整体

福岡市 早良区 整体に関する関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加