福岡市早良区 アキレス腱炎が悪化

アキレス腱炎が悪化すると腱を断裂することも

人はふくらはぎの筋肉と踵をつなぐアキレス腱を使って、ジャンプ・歩く・走る・母指球で立つなどができます。
その為、走ったりジャンプしたりするなどの激しい身体活動を継続してしまうと、アキレス腱に炎症を起こすことがあって、これをアキレス腱炎と呼びます。
ほとんどの場合は自宅で簡単に治療することで治りますが、在宅治療で治らない場合は医師に相談することが大切で、炎症が悪化すると腱を断裂することにもなりかねません。
また、症状によっては手術的修復が必要になることもあるので、あまり安易に考えることも危険です。

主な症状は、歩いたり走ったりする時の痛みや踵の腫れで、その他にもふくらはぎの筋肉が引っ張られたり、足を曲げようとした時に可動範囲が限定されてしまう症状もあります。
発生する主な原因として考えられるのは過剰な運動ですが、運動と関係のない要因がリスクをもたらすこともあって、関節リウマチや感染症は腱炎と相互の関連があると考えられています。
ただ一般的には繰り返しアキレス腱に負担をかける運動が要因となることが多くて、その原因となる具体的なこととしては、ウォーミングアップなしで本番の運動を急に始めることがあります。
また、運動や身体活動において繰り返しふくらはぎの筋肉に負担をかけることや、すばやく止まり方向を変えることが必要なスポーツをすることも原因になります。
それから、古い靴や足に合わない靴を着用すること、ハイヒールを毎日着用することなども発生の原因と言えます。

アキレス腱炎の治療法としては、静養・アスピリン服用・ステロイド注射・手術など様々なものがあります。
一般的に担当医が進める治療法としては、身体活動を制限する、ふくらはぎの筋肉のストレッチ体操や強化、激しさの少ない別のスポーツに変更するなどがあります。
また、運動後や痛みがある時に患部をアイシングする、足を高い位置に上げて腫れを低下させる、ブレースや圧縮される弾性包帯を着用して踵が動かないようにすることも治療につながることです。
それから、理学療法を受ける、限られた期間でアスピリンやイブプロフェンといった抗炎症薬を服用する、ステロイド注射を受けるなどもあります。
ただ、こうした保存的治療では効き目が見られない場合には、修復する手術が必要になります。

アキレス腱炎の発生のリスクを少なくするための予防法としては、毎日の活動を始める前にストレッチ運動をすることで、それにより機敏さが改善してケガをする可能性が減少します。
ちなみにアキレス腱をストレッチするには、背筋を伸ばして起立して踵を地面につけた状態で体を前かがみにします。
ただ、この姿勢でストレッチするのが痛い場合には医師と相談する必要がありますし、新しい運動を始める前にも医師と相談することが大事です。
また踵やふくらはぎに衝撃を与えるような突然の動きを制限することもリスクを減少させることに繋がるので、トレーニングにはインパクトの多い運動と少ない運動を組み合わせると良いです。
それから、ふくらはぎやアキレス腱への圧力を軽減するためには、常に適切な靴を履くことが大切というのも認識しておくことです。

福岡市早良区 アキレス腱炎が悪化なら、「常若整骨院」にお任せください。

福岡市 早良区 整体について詳しくはこちら

福岡市 早良区 整体

福岡市 早良区 整体に関する関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加