福岡市早良区 副鼻腔炎

副鼻腔炎には急性・慢性・好酸球性の3種類がある

人間の鼻の中には鼻腔だけではなくて、副鼻腔と呼ばれる大きな空間があって、ほお骨の下や眉間に位に鼻腔を取り囲むようにしてあって、自然口という小さな穴で鼻腔とつながっているのです。
ちなみに副鼻腔は、上顎洞・篩骨洞・蝶形骨洞・前頭洞という全4種類があって左右で合計8つあります。
この8つの副鼻腔のどこかで炎症を起こすのが副鼻腔炎で、炎症によって副鼻腔に入った鼻水や膿がうまく外に出せなく溜まってしまうのです。
酷くなると発熱・頭痛・歯痛などといった症状が現れますし、鼻水が鼻腔から出るだけではなくて、喉の方に流れてしまう後鼻漏を引き起こします。
後鼻漏はサラサラな鼻水なら大きな問題にはなりませんが、ネバネバだと違和感が強くなりますし、咳が続いて安眠を妨げるなど不快な症状の原因になってしまうのです。

副鼻腔炎と似た症状として蓄膿症がありますが、結論からいえば同じ病気になります。
蓄膿症は、その名が示す通り膿が溜まる病気ですが、CTの普及などによって膿が溜まっていなくても炎症が発生していることがあると分かったのです。
それにより炎症だけの人を含めて蓄膿症から呼び名が変わりました。

副鼻腔炎には、急性・慢性・好酸球性といった3種類があって、急性は主に鼻風邪が原因で発生して、頭痛や発熱などの症状が見られます。
早期に治療したり症状に応じた薬を使用したりすることで、膿を取り除くことができると治るケースが多いのです。
症状が3ヶ月以上続く慢性は、副鼻腔と鼻腔をつなぐ自然口がふさがる、鼻水を排出する繊毛の働きが衰えるといった2つの原因で起こります。
また膿がうまく排出できなくなると炎症が悪化するといった悪循環に陥りますし、頭痛・歯痛・発熱のほかにも嗅覚や味覚に障害が起こることもあるのです。
好酸球性は厚生労働省から難病に指定されているもので、近年患者数が増加傾向にあるといわれています。
白血球の一種である好酸球が過剰に活動することによって副鼻腔に炎症が起こるもので、鼻ポリープが多発するのが特徴としてあるのです。
また、鼻づまりが酷くなることで早い段階から嗅覚障害が発生してしまいます。

病院での治療法としては、局所療法・薬物療法・手術の3つがあって、その中で局所療法と薬物療法が保存療法と呼ばれています。
局所療法とは、鼻腔や服鼻腔にたまった膿や粘りの強い鼻水を、生理食塩水などにより洗浄・除去したり、抗菌薬を患部に噴霧したりするものです。
薬物療法は抗生物質による治療が中心で、症状が軽度なら薬物療法により治るケースもあります。
このような局所療法と薬物療法で効果が見られない場合には手術が検討されますし、局所療法が困難な場合には手術療法を先に行うケースもあるのです。
手術の方法は以前と違って、内視鏡を用いた内視鏡下服鼻腔手術が主流になって、手術なら1週間程度で退院できる場合が多くなりました。
さらに内視鏡手術の器具の進歩も著しくて、マイクロデブリッターという手術器具も登場していて、手術時間も短縮できるようになっているのです。

 

福岡市早良区 副鼻腔炎なら、「常若整骨院」にお任せください。

※あくまで健康豆知識であり、内容を保証するものではありません

福岡市 早良区 整体について詳しくはこちら

福岡市 早良区 整体

福岡市 早良区 整体に関する関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加