福岡市早良区 腸疲労

便秘や下痢を引き起こす腸疲労に注意を

食べ過ぎ飲み過ぎが続いてしまうと腸に負担がかかって、腸が疲れて機能が低下してしまう腸疲労になるので注意が必要です。
腸疲労になると、食べ物を消化・吸収する力、水分を回収する力、便を体外に排出する力といった3つの機能が低下してします。
ただ腸の状態は外からは見ることはできませんから、腸疲労のサインと考えられる便秘・下痢・臭いおならが頻繁に起こる状態には注意すると良いです。
便秘や臭いおならは食べ物を消化・吸収する力が低下している結果で、腸内環境が乱れ悪玉菌が優位になることで起こりますし、腸の動きが悪くなって便を排出する力が低下していることも原因になります。
また下痢は水分を吸収する力が低下した結果で、便の水分量が増えてしまった状態で、食べ物やストレスの影響で左右されるので、腸疲労が加速しないように心がけることです。

腸疲労を回復するためには、まずは腸を休めて腸の機能を回復することで、その為にプチ断食するのもひとつの方法です。
1日3食を規則正しく摂らないと本来食事時間でない時間に食事をしたり、1回の食事で食べ過ぎたりすることになります。
それにより胃腸は消化のために休みなく働くことになって胃腸に負担がかかり、結果として小腸や大腸に血液が不足してパワーも足りなくなって、食べ物を消化・吸収する力が低下してしまうのです。
また胃腸の働きすぎは自律神経のバランスを乱して腸内環境悪化の原因にもなります。
そこで、半日~1日程度食事を摂らないで胃腸を休めるプチ断食でデトックスするのもおすすめで、それにより腸疲労回復効果が期待できます。

水分摂取が少なくなると腸の中の水分が少なくなって食物のカスなどが乾きやすくて、それにより腸の働きが低下してしまうのです。
また体内の水分は消化液として毎日大量に消費されるので、腸疲労回復のためにも水分補給が大切ですが、冷たい水分は腸の働きを抑えてしまうため、お湯・お茶・白湯など温かい飲み物で補いましょう。
それから糖反射といって砂糖を摂取すると胃腸の働きが停滞するので、ノンシュガーの飲み物にすることも大事です。
ご存知のように食物繊維は腸に溜まった便や毒素などを除去する働きがあるので、腸疲労で便を体外に排出する力が低下している人は、特に意識して摂取したいものになります。
ただ食物繊維には水分を溜めこむ不溶性食物繊維と、ゴミをからめとる水溶性食物繊維の2種類があって、これを2対1のバランスで摂取することが大事です。
ちなみに、不溶性食物繊維は玄米・ライ麦・いも・根菜・豆類などに、水溶性食物繊維は果物・海藻・キノコ・こんにゃくなどに多く含まれています。

腸疲労になると腸の動きが悪くなって便を体外に排出する力が低下するので、そのような時には腹式呼吸がおすすめです。
腹式呼吸をすることで腸を刺激しながらマッサージする働きがあって、それにより腸の働きを活発にして腸疲労の回復を促すのです。
腹式呼吸のやり方は、ゆっくり息を鼻から吸ってお腹をふくらませて、ゆっくり息を鼻か口から吐きお腹をへこませます。

 

福岡市早良区 腸疲労なら、「常若整骨院」にお任せください。

※あくまで健康豆知識であり、内容を保証するものではありません

福岡市 早良区 整体について詳しくはこちら

福岡市 早良区 整体

福岡市 早良区 整体に関する関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加