福岡市早良区 憩室炎の悪化

憩室炎は悪化することも考えられるので慎重に経過観察を

大腸の壁の一部が袋状に外へ飛び出しているものが憩室で、普通は無症状なため大腸検査で偶然発見されることが多いです。
無症状の人は原則治療の必要はありませんが、便がつまって炎症を起こしたり、腹痛・発熱・下血をきたしたり、急に大出血しショック状態になったりすることもあるので注意が必要といえます。
発生する原因には先天的なものと後天的なものがあって、ほとんどは後天性の原因で、便秘が続くと腸の筋肉が厚くなって腸内部の圧が上がることも原因です。
また、血管が腸の壁を貫く場所は筋肉がなくて弱いため粘膜が反転脱出しますし、食事の欧米化なども原因になって発症します。

憩室は上行結腸とS状結腸が好発部位なので、上行結腸は右腹部、S状結腸は左下腹部に痛みが起こります。
大腸憩室炎が軽い時なら腹部が軽く周期的に痛んで下痢や便秘が起こるだけですが、炎症が進行すると腹痛に加えて発熱や血便がでますし、場合によっては憩室内の動脈が破れて大出血することがあります。
つまり、急に下腹部が痛くなって下痢がはじまり、最初は周期的に下腹部がしぼるだけだったが、時間の経過と共に発熱が増えて、赤黒い便が出るようになるというのが典型的な症状になるのです。
さらに炎症が酷くなってしまうと、憩室に穴があいて腹膜炎や結腸周囲炎を引き起こすことがありますし、S状結腸では穴が空きやすく血圧が下がり重症化しやすくなってしまいます。

血液検査で白血球が増えたり、CTで憩室まわりの脂肪に炎症変化現れたり、典型的な症状が見られると診断は簡単です。
しかし上行結腸下部の憩室炎については、虫垂炎との鑑別が重要になります。
それから憩室の有無を確認するためには大腸の内視鏡やバリウム検査が必要になりますが、炎症が強い場合にはこれらの検査により症状の増悪をまねくこともあるので注意深く検査しなければならないのです。
ただし出血の量が多い時には、どこの部位で出血しているかを特定するためも、緊急内視鏡を行うこともあります。
また憩室に穴があいて腹膜炎になると緊急手術が必要で、大腸の中には細菌が無数にいるので、放置すると急に重症になって白血球や血小板も減ります。

軽症の憩室炎の治療は、消化のよい食事をとって抗生物質を内服することで治りますが、発熱がある時は抗生物質を点滴したり、症状に応じては入院して絶食したりすることもあるのです。
また炎症が強い時には入院や憩室が穿孔した場合には手術が必要になることもあって、特に腹膜炎症は救命を第一に穴のあいたところを持ち上げて人工肛門として、腹腔内をよく洗い膿がたまらないよう管をいれます。
それから下血を伴っている場合には、大腸内視鏡を実施して憩室からの出血を止めるのです。
治療期間は軽症なら外来で3~5日程度で改善することが多いのですが、悪化することも考えられるので通院して慎重に経過を見ます。
悪化の兆候がみられる場合は、入院に切り替えて1週間~10日程度治療を行いますが、穿孔し手術になった時には2週間~1ヶ月程度の入院というケースもあるのです。

 

福岡市早良区 憩室炎の悪化なら、「常若整骨院」にお任せください。

福岡市 早良区 整体について詳しくはこちら

福岡市 早良区 整体

福岡市 早良区 整体に関する関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加