福岡市早良区 クローン病の症状

若年層に好発するといわれるクローン病

炎症性腸疾患とは、大腸や小腸の粘膜に慢性の炎症または潰瘍を引き起こす原因不明の疾患の総称で、クローン病もこの炎症性腸疾患のひとつです。
原因としては遺伝的な要因が関与すると考える説や、細菌や麻疹ウイルスによる感染症説、何らかの成分により腸管粘膜に異常な反応を引き起こすといった説などがあります。
また、腸管の微小な血管の血流障害説なども報告されているのですが、いずれの説もはっきりと証明されたものはないのです。
ただ最近の研究では、何らかの遺伝的な素因を背景として、食事や腸内細菌に対して免疫作用をするリンパ球などが過剰に反応して発症・増悪にいたると考えられています。
10歳代~20歳代の若年層に好発して、発症年齢は男性では20~24歳、女性なら15~19歳が最も多くみられて、男女比は約2:1と男性に多いです。
衛生環境や動物性脂肪・タンパク質を多く摂取するといった食生活が大きく影響して、喫煙をする人は喫煙をしない人より発病しやすいと考えられています。

発症する患者によってクローン病の症状は様々で、小腸型、小腸・大腸型、大腸型など侵される病変部位によっても異なるのです。
特徴的な症状としては腹痛と下痢で半数以上の患者にみられますし、発熱・下血・腹部腫瘤・体重減少・全身倦怠感・貧血などといった症状もしばしば現れます。
また瘻孔・狭窄・膿瘍などの腸管の合併症や関節炎・虹彩炎・結節性紅斑・肛門部病変などの腸管外の合併症を引き起こすことも多くて、これらの合併症の有無により様々な症状を呈するのです。

クローン病の治療としては、栄養療法や薬物療法などの内科治療と外科治療があって、主体としては内科治療が多いのですが、腸閉塞・穿孔・膿瘍などの合併症があると外科治療が必要となります。
内科治療として症状のある活動期には、主に5-アミノサリチル酸製薬・副腎皮質ステロイド・免疫調節薬などといつた内服薬が用いられることが多いです。
5-アミノサリチル酸製薬と免疫調節薬については、再燃予防のために症状が改善しても継続して投与することになります。
また、これらの治療で効果が見られない場合には、抗TNFα受容体拮抗薬が使用されることもあります。
それから薬物治療ではないのですが、必要に応じて血球成分除去療法が行われることもあるのです。
外科治療は、先にも触れましたが高度の狭窄・穿孔・膿瘍などの合併症に対して行われるのですが、その際には腸管をできるだけ温存するために小範囲の切除や狭窄形成術などが実施されます。
ちなみに合併症のうち狭窄に対しては、内視鏡的に狭窄部を拡張する治療が実施されることもあるのです。

日常生活でこの病気に対してどのような注意が必要かというと、お腹の調子が良い時期でも食事に注意する必要があります。
特に動物性脂肪はお腹の炎症を悪化するので、そのことを忘れないことが大切です。
また、調子が良くても病状が悪化している可能性も考えられるので、定期的に内視鏡などの検査を受けることも大切になります。

 

福岡市早良区 クローン病の症状なら、「常若整骨院」にお任せください。

※あくまで健康豆知識であり、内容を保証するものではありません

福岡市 早良区 整体について詳しくはこちら

福岡市 早良区 整体

福岡市 早良区 整体に関する関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加