福岡市早良区 NSAIDs潰瘍

ピロリ菌胃潰瘍と解熱鎮痛薬が原因となるNSAIDs潰瘍

空腹時にみぞおち付近で起こる痛み、胸焼けやゲップなどの胃酸過多症状、コールタールのような黒い便、貧血などが典型的な症状といわれるのが胃潰瘍です。
この中でも黒い便や貧血は、胃からの出血がすでにある証拠で症状がかなり進んでいる状態と考えられます。
痛みについては個人差があって、すでに大きな潰瘍があっても全然痛みを感じないと言う方もいるので注意が必要です。
昔はストレスや暴飲・暴食で発症すると考えられていたのですが、20世紀後半にヘリコバクター・ピロリ菌の感染が深く発症に関わっていることが判明したのです。
ピロリ菌という細菌に感染することで胃粘膜が弱くなって、自分の胃酸により胃壁が傷つくことなどで潰瘍ができることが分かっています。
また、近年問題になっているのが解熱鎮痛薬が原因となるNSAIDs潰瘍で、これは解熱鎮痛薬の副作用で胃粘膜に異常が起こって、胃酸が胃壁を荒らして潰瘍を生じるものです。
それから、中高年から高齢者で血液サラサラ状態を保つために服用する低用量のアスピリンなどの抗凝固剤も、発症のリスクが高いので定期的な胃の検査が必要といえます。

治療方法としては、ピロリ菌陽性胃潰瘍なら胃酸を抑える薬で治療するのですが、根本原因となるピロリ菌を放っておくと再発をくり返してしまいます。
その為、抗菌薬を用いてピロリ菌の除菌も一緒に行う方法がベストです。
ちなみに、ピロリ菌の診断と除菌治療は健康保険が使用できるので、症状を繰り返す場合にはピロリ菌の有無を調べる検査を受けることが大事といえます。
そしてピロリ菌が発見されたもので、しっかりと除菌治療をして成功すると、その後の再発率は激減するといわれているのです。

NSAIDs潰瘍の場合は、一旦潰瘍を引き起こしている解熱鎮痛薬の使用を止めて、胃酸を抑える薬を服用します。
ただ、薬の飲み方をきちんとセルフチェックすることで予防できる疾患なので、どうしても解熱鎮痛薬が必要な場合は服用方法を見直すことです。
もうひとつ注意する必要があることは、坐薬タイプの解熱鎮痛薬でも胃潰瘍ができる可能性があるということです。
薬は基本的に血液の中に効き目成分が溶け出すことで効果を発揮する為、投与経路が口であってもお尻であっても吸収された後は体に対する影響は変わりません。
ですから、痛みを我慢できないからといって、飲み薬と坐薬を併用するようなことは避けなくてはならないことで、正しい知識を身につけてしっかりケアすることが大事です。

繰り返す潰瘍はセルフケアで予防することも大切で、ピロリ菌が原因ならピロリ菌を除菌すれば再発を防げるので、一度検査を受けることが予防につながります。
また間違った解熱鎮痛薬の飲み方がNSAIDs潰瘍を引き起こすので、NSAIDsの用法・用量を守ることも大事になるので、使用説明書をよく読んで正しく使用することです。
それからストレスは胃粘膜を刺激して症状の進行を促進するので、適度な運動などで発散することが予防になりますし、脂っこい料理を控えて腹八分目を心がけることも予防につながります。

 

福岡市早良区 NSAIDs潰瘍なら、「常若整骨院」にお任せください。

福岡市 早良区 整体について詳しくはこちら

福岡市 早良区 整体

福岡市 早良区 整体に関する関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加