肩や足首の痛みで来院した野球少年

お客様写真

 

整骨院来たら、病院でみてもらうよりかはぜんぜん次の日楽になったり、身体が軽くなったりしよった。」

 

「我慢したら、身体に悪い影響を与えるけん。

我慢せんで、本当に痛くなったり、やばいと思ったら、お父さんとかお母さんとかに「病院行く」とか、自分で考えて言った方がいい。未来の自分のためにもなるし。」

 

R・Aさん(10代男性・) リトルリーガーショルダー(野球肩)、左足の痛み

※お客様の感想であり、効果効能を保障するものではありません。

■先生からのメッセージ

スタッフ写真

この患者さんはいろんな稽古(ドラム・ダンス・野球・水泳)に通っていて、その中でも野球が大好きで週に2~3回練習していました。

これだけ運動していたら身体が疲れやすくなり、ケガをする可能性が高くなってしまいます。

 

来院する前は身体のバランスが悪く、稽古をやっていてもすぐ疲れてしまっていたそうです。

運動神経が良く4番でピッチャーしていたのも影響があったかもしれません。

 

身体を見ていくと、左足・骨盤・肩の動きが悪く、足のことについて詳しく聞いてみると、左足を捻挫して以来投げた際のバランスが悪くなり肩がスムーズに動かなくなってきたそうです。

治療は動きの悪いところを緩め、ピッチングの際にスムーズに身体が動くようにしてあげました。

 

この患者さんにアドバイスしたのはストレッチの大事さです。

 

将来の夢がプロ野球選手の彼に、私は

「痛いところをそのままにしておくとケガしやすくなって、思い通り投げれなくなって試合に出れなくなって、プロの選手になれなくなっちゃうよ」

と言って、ストレッチを親御さんと一緒にしてもらい、ストレッチでも痛みが変わらないのなら整骨院においでと伝えました。

 

そうすると自分から気になるところがある時、治療にやってくるようになりました。

この患者さんが行っている野球のチームメイトの中に、痛いところはあるけど親御さんに伝えることができずに我慢している子がいるそうです。

親御さんがお子さんとコミュニケーションを密にとってくれると、もしかしたら話してくれるかもしれません。

 

小さい頃にケガをしてそのままにしていた傷が年を重ねていった時に邪魔をする可能性があります。

そういう子をたくさん見てきました。

ケガのせいで夢を諦めないように見守ってあげてください。

同じ症状でお悩みのお客さまの声

福岡市 女性 50代 肩こり・首の痛み・膝の音 お客様写真
福岡市 女性 30代 子育て中の腰痛・肩の痛み・尾てい骨付近の痛み お客様写真
福岡市 女性 60歳 ストレートネック・五十肩 お客様写真
  • このエントリーをはてなブックマークに追加