常若整骨院流 アトピー・アレルギー・副鼻腔炎のセルフケア・整体

アトピー・副鼻腔炎・喘息などアレルギー

発生機序

本来 調子がよい方は

体にいらないものは便・尿から排泄できる。

これらが調子が落ちると

咳・鼻から悪いものを出すようになる。

(喘息・副鼻腔炎)

それでも無理だと

皮膚から出すようになる(アトピー)

・ほとんどの方は糖質過剰

・男性だと栄養が偏りすぎな方多い

・ステロイドを止めないとある程度しか回復しない

・小さい頃からなっている方は親の影響

(出産前の父親・母親の栄養状況・ストレス)

・ストレスを発散できないと肺・腸に負荷がかかり発症

よく伝えること

「今の肌は6ヶ月前に食べたものです。

今から食事・ストレスを気をつけていけば

肌の奥から変化していき

ガサガサで硬い肌から柔らかい肌に変わっていきますよ」

多いパターン

①小さい頃から発症、ずっと続いている(これが一番時間がかかる可能性大。内臓が弱り切っていて治りずらい為)

②小さい頃発症、大きくなるにつれて改善されたが

また発症

③大人になって発症

改善させるには

・原因の解明(ストレス?内臓弱りすぎ?食べ物?どれか一つだけではなく複数が関与していることが多い)

・セルフケアの徹底

・考え癖を少しずつ変えていく(我慢する癖を手放す。

ストレス…どうやって発散させるか? もし回避できるのならその方法を考える。

内臓…生活習慣の改善(運動、睡眠、など)

食べ物&減らさないとダメなもの

・甘いもの

・炭水化物

・乳製品 (日本人には合わない可能性大。自分で調べてみてください。R1とか食べさせちゃダメです)

・酒 (肝臓)

・タバコ(肺)

治療前体はどうなっているか?

大腸が弱くなっていて骨盤周りがガチガチ

交感神経優位となっている副交感神経はあまり働いてない

脳・神経が高ぶって頭・首がガチガチ(神経過緊張)

経絡周りも流れが悪くなっている

内臓関連は神経が働きすぎて内臓が疲弊している状態

治療ポイントは

①肺と大腸を元気にする(早くいらないものを尿・便で出るようにするため)

②副交感神経を優位にする

③セルフケアの徹底

治りづらいパターン

・セルフケアをまったくしてくれない方(生活を変えてくれない方は治りづらい)

ストレス性アレルギーはストレスを一番受けやすい頭部・頚部・仙骨部を緩めると解決しやすい。

キネシの聞き方

・副交感神経を優位にするには?

・神経の過緊張をとるには?

・(可動域検査で引っかかったところ)を良くするには?

・ストレスを発散させるには?

・糖質を減らすには?

・肌が綺麗になるには?

・今まで服用していた薬を体から追い出すには?

・大腸(肺)が元気になりアトピーが出なくなるには?

など