病気になりやすい性格・なりにくい性格

当院に来院される方の特徴ははっきりしていて

優しくて気遣いが出来る方です。

元気なときは良いのですが
症状が出ているときにこの性格が悪い方に働くと治りが遅くなってしまいます。

断ることが出来ない。
きつくても周りのためにがんばってしまう。
間に立ち調整役をやってしまう。

やればやるほど神経が過敏になってしまい、
交感神経が高ぶり
胃がキリキリする、腸の調子が悪い、目が疲れやすい、耳鳴りがする、動悸がする
などの症状が起きてしまいます。

こちらでアドバイスすることは
「元気になるまで自分の好きなことだけやってください」
です。

神経・体を休ませてあげると次第に元気になってきます。

これを
「忙しいから難しい」
と言われる方は治りが遅いです。

逆に
「治るのでしたら好きなことしかしません」
と素直に行動に移してくれるかたは早く治ることが多いです。

こちらでやることは
ストレスで神経が過敏になっている箇所を緩めることによりリラックス出来る状態にすることです。

やりたいことがある人ほど治りがいいです。

「趣味はないです」と言われることが意外に多いです。
そういう方ほど仕事・家庭でひと段落したときに病気になってしまうと治りが遅いです。

理想はホリエモンみたいに好きなことだけやるのがいいですが、
難しいので1日1時間くらいは好きなことをやって寝ることにより
次の朝がすっきり起きれるようになります。