福岡市早良区 内反小趾のセルフケア

【内反小趾の症状と原因】
内反小趾の症状は、足の小指が親指側にギュっと曲がってしまう変形状態です。
無理やり親指側に曲がっている状態であり、小指の付け根が出っ張ることで腫れや痛みを発生させてしまいます。
特に女性に多いと言われており、中には外反母趾と併発している女性もいるほどです。

内反小趾になってしまう原因は、先細ハイヒールを履くなどの締付といわれていますが、実はこのような脚先の締付というのは根本的な原因ではありません。
内反小趾の本当の原因は、かかとのまわりの骨格が崩れてしまうことでつま先の骨に連鎖してしまうことです。
かかと周りの骨格が崩れてしまうと、土踏まずが低くなってしまいます。
土踏まずが低くなると骨格の全体が崩れてしまうので、足の甲から先が広がる状態になり、小指の付け根が靴の壁に押し当てられることで内反小趾となってしまいます。

内反小趾は、以下のような人がなりやすい症状といわれています。

・足のつま先が異常に広かっってる開帳足
・O脚
・つま先に対して膝が内側に向いている人

この様な症状が女性に多いこともあり、内反小趾は女性に多い傾向があります。
【内反小趾の改善方法】
内反小趾は、セルフケアでも改善へとみちびくことができますよ。
簡単にできるケアばかりですので、是非チャレンジしてみましょう。

・歩き方を変えよう
内反小趾の人は、ペタペタ歩く癖があります。
ペタペタ歩くクセを治さないと、いつまで経っても治りません。
しっかりつま先に体重がかかるよう、意識して歩くようにしましょう。
足裏の体重移動を意識することで、徐々に改善していきます。

・スクワット
内反小趾ケアのスクワットは、つま先立ちをするスクワットです。
腸足をそろえて立って、かかとを上げてつま先立ちをして、その後つま先を立てたまましゃがみます。
お尻がかかとに付くまでしゃがんだら、立ち上がってヒザを伸ばし、膝が伸びきったら同じ動作を10回繰り返します。
内反小趾の人はつま先に体重がかかりにくいので、慣れないうちは非常に不安定な状態になります。
最初は壁に手を付けた状態でOKですので、頑張ってチャレンジしてみましょう。

・幅の広い靴を履く
既に靴の側面に小指が変に当たっている状態なので、広めの靴を履くことで内反小趾の状態を改善へとみちびくことができます。
スニーカーなど、幅広の靴に変えましょう。
ある程度の内反小趾であれば、靴を変えるだけでもかなり改善ができます。

・インソールを使う
内反小趾用のインソールを靴に入れて、内反小趾の小指の傾きを改善させるケアです。
強制的に内反小趾の傾きを変えることができるので、内反小趾状態の緩和へとみちびくことができます。

いかがでしたでしょうか。
内反小趾はセルフケアでも改善しやすいので、困っている人は1度試してみると良いですよ。
それでも改善しない場合は、整形外科で受診することをオススメします。
よほど状態が悪化していない限り、セルフケアで改善ができますよ。

 

福岡市早良区 内反小趾のセルフケアなら、「常若整骨院」にお任せください。

福岡市 早良区 整体について詳しくはこちら

福岡市 早良区 整体

福岡市 早良区 整体に関する関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加