福岡市早良区 頚椎捻挫ことむちうち

【頚椎捻挫ことむちうちの原因と症状】
頚椎捻挫と聞くとわかりにくいと思いますが、いわゆる「むちうち」のことです。
むちうちというのは病名ではないので、交通事故で診断書を書いてもらうと「頸椎捻挫」もしくは「外傷性頸部症候群」などと書かれます。

頚椎捻挫ことむちうちは、交通事故に遭った直後には症状が出ない場合が大半です。
ほとんどの場合、交通事故の翌日以降に症状が出てきます。
交通事故のあと、このような症状が出ている場合は、頚椎捻挫ことむちうちの可能性があります。

・めまい
・頭痛
・吐き気
・手足のしびれ
・肩や腰が痛い
・耳鳴り
・食欲不振
・フラフラする

少しでもこのような症状がある場合は、病院で診察を受けるようにしましょう。

頚椎捻挫ことむちうちは、レントゲンなどの映像検査に症状が映りません。
そのため、病院で検査をしても原因を解明できる結果がでないことがあります。
しかし、交通事故での治療費は病院で診断書を書いてもらわないと保険で賄うことができないので、1番最初は病院で診察を受けなければいけません。
その後、病院での治療は湿布薬や痛み止めをくれる程度なので、なかなか症状は良くなっていかないのが大半です。
そんな時は、治療先を変えて自分が納得できる治療を受けると良いでしょう。
【頚椎捻挫ことむちうちの治療は整骨院や接骨院に通う人が多い】
頚椎捻挫ことむちうちの治療は、病院に1度通ってから整骨院や接骨院に通う人が多くいます。
その理由は、以下が挙げられます。

・痛みにピンポイントの治療をしてくれる
頚椎捻挫ことむちうちで整骨院や接骨院に通う理由の大半が、痛みにポインポイントに治療をしてくれるということです。
整骨院や接骨院は、痛みに対して指圧や鍼、電気治療などの治療を行います。
それらのピンポイントの治療が、頚椎捻挫ことむちうちの症状を楽にしていくようです。
ずっと病院に通っていて全く改善しなかった頚椎捻挫ことむちうちが、整骨院のハリや電気治療で楽になったという声は多く挙がっています。

・場所的に通いやすい
整骨院や接骨院は自宅の近くにある場合が多く、場所的に通いやすいメリットがあります。
交通事故の際にかかった病院は遠く、通うのに時間がかかり面倒な場合が多くあります。
近くの整骨院や接骨院であれば、車でもバスでもタクシーでも、楽に通える部分が楽のようです。

・頚椎捻挫ことむちうちに詳しい
整骨院や接骨院の先生は、交通事故のケガに詳しい傾向があります。
頚椎捻挫ことむちうちにも詳しく、具体的な話をして治療へと進めることができます。

この様なポイントから、病院から整骨院や接骨院に変える人が多いようです。
交通事故の治療先は変えることも可能ですので、1度通った病院が嫌だと思ったら整骨院や接骨院に変えることもできます。
その際は、使う保険会社にひとこと報告すると良いですよ。
場合によっては整骨院や接骨院では治療費が出ない場合もあるので、事前に保険会社と相談して決めるようにしましょう。

いかがでしたでしょうか。
頚椎捻挫ことむちうちは改善しにくいイメージがありますが、整骨院や接骨院に通った人からは喜びの声が挙がっています。
自分が納得できる治療先で、頚椎捻挫ことむちうちをしっかり改善しましょう。

福岡市早良区 頚椎捻挫ことむちうちなら、「常若整骨院」にお任せください。

福岡市 早良区 整体について詳しくはこちら

福岡市 早良区 整体

福岡市 早良区 整体に関する関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加