福岡市早良区 肩関節周囲炎の症状と原因

【肩関節周囲炎の症状と原因】
肩関節周囲炎とは、肩の経年劣化により肩のまわりの組織の老化に伴う炎症です。
いわゆる、四十肩や五十肩を指します。
50歳代を中心に、多発する傾向があると言われています。
一般的に自然治癒するとも言われていますが、症状が続いて重度になってしまうことがあります。
様子を見て改善しない場合は、専門医に診てもらう必要性があります。

以下のような症状がある場合は、肩関節周囲炎の可能性があります。

・明らかな外傷がないのに肩を動かすと痛みがある
・可動範囲を超える肩の動きをしようとすると痛みがある
・痛みが日に日に強くなっている
・肩が痛くて眠れない
・文字を書くことができない
・髪の毛を縛ったりすることができない
・服の脱ぎ着ができない

以上のような症状がある場合で改善していかない場合は、速やかに専門医に相談をしましょう。

肩関節周囲炎の原因は、いまだ明らかになっていません。
老化による原因と言われていますが、確実な原因はまだわかっていません。
診察の方法は、所見を聞いて、必要な場合はレントゲン検査を行います。
肩関節周囲炎はレントゲン検査には所見はでないので、レントゲンに症状が出なく肩に鋭い痛みがあるということで肩関節周囲炎と判断するケースが一般的です。

肩関節周囲炎は、半年~1年ほどで治ると言われています。
意外とパッと治らなく、ずるずると長引いてしまう傾向があります。
早く治すためには、早いうちから症状に合った治療を行うことが大事となります。
【肩関節周囲炎の治療方法】
肩関節周囲炎の治療方法は、以下の方法があります。

・薬物療法
初期段階の痛みが強い時期には、鎮痛剤の内服やステロイド薬、ヒアルロン酸ナトリウム注射を行います。
薬物療法により、肩を動かしたときの痛みがかなり楽になります。
しかし、肩の動きはスムーズにならず、悪くなってしまうこともあります。

・温熱治療
ホットパックや超短波などの機器を使った温熱療法で、凝り固まってしまった部分をほぐして痛みをやわらげます。
患部を実際に治療するので、肩を動かす範囲が広くなります。

・運動療法
肩を動かす範囲を広くするために、運動療法を行います。
肩に負担をかけないよう、肩を回すなどで肩の凝り固まった部分をほぐします。
また、前屈みになってアイロンを持ち、前後左右に振る運動もとても効果的です。

・麻酔薬治療
肩の動きがかなり良くなく改善しにくい状態の場合は、肩にある小さくなった関節を包んでいる関節包という袋に麻酔薬を注入し、少しずつ広げます。
関節が大きく動かせるようになり、痛みも楽になっていきます。

・手術療法
肩関節周囲炎の症状が重度な場合は、関節鏡を使って突っ張っているじん帯を切除する種々を行います。
手術を行うのは最終段階であり、ほとんどの場合保存療法で良くなります。

いかがでしたでしょうか。
肩関節周囲炎は、軽度の場合は保存療法でもかなり楽になります。
重度にならないうちに、様々なケアで症状を楽にしましょう。

福岡市早良区 肩関節周囲炎の症状と原因なら、「常若整骨院」にお任せください。

※あくまで健康豆知識であり、内容を保証するものではありません

福岡市 早良区 整体について詳しくはこちら

福岡市 早良区 整体

福岡市 早良区 整体に関する関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加