福岡市早良区 卵巣嚢腫の種類

【卵巣嚢腫とは】
卵巣嚢腫とは、子宮の左右両側にある卵巣の一部にできた袋状の腫瘍の中に液体が溜まる病気です。

によって、溜まる液や内容物は異なります。

卵巣嚢腫には、このような4つの種類があります。

・漿液性嚢胞
サラサラとした水のような液体が溜まる、卵巣嚢腫です。

・粘液性嚢胞
どろっとした粘りのある液体がたまる、卵巣嚢腫です。
この卵巣嚢腫は、嚢腫内がいくつかの部屋に分かれている場合が多くあります。

・皮様嚢腫
脂肪が溜まる卵巣嚢腫であり、毛や骨、軟骨、歯などが含まれることもあります。

・子宮内膜症性嚢腫
チョコレート状の古い出血の液体が溜まる、卵巣嚢腫です。

卵巣嚢腫の約9割が良性で、約1割が悪性とされています。
ほぼ良性ですので、少しでもおかしいと思ったらすぐに婦人科で診てもらいましょう。
【卵巣嚢腫の症状】
卵巣嚢腫は、一般的に無症状ですので自覚症状がほぼありません。
婦人科健診などの検査によって、偶然に見つかることが大半です。
自覚症状が出にくい理由は、卵巣が体の中の深い部分にあり、排卵のリズムに合わせて膨らんだりしぼんだりすることを繰り返す臓器ということです。
排卵前や直後、月経前には、3~5cmに膨れる場合もあります。
常にそのような動きをする臓器なので、卵巣嚢腫で膨れ上がっても気が付きにくいということになります。
そのため、なかなか気づきにくいということで「沈黙の臓器」ともいわれています。

腫瘍が大きくなると、このような症状が出てきます。

・腹部膨満感
・下腹部痛
・頻尿

卵巣嚢腫が大きくなると膨らむことで分かることがあり、20cm以上のこぶし以上の大きさになって違和感に思えることもあります。
約5~6cm状のある程度の大きさになると、捻転や破裂の恐れがあるので手術を行います。
捻転や破裂が起きてしまうと急激な腹痛や吐き気などの強烈な症状となってしまうので、緊急的に手術を行うこともあります。
【卵巣嚢腫の診察】
卵巣嚢腫の診察は、一般的には婦人科の内診や超音波検査で行います。
腫瘍マーカーの採血を行うこともあり、これは悪性の腫瘍の可能性はないのかを判断するために行います。
【卵巣嚢腫の治療】
卵巣嚢腫の治療は、このように行っていきます。

・軽度な場合
大きさ5cm以下の場合は、外来での定期的な経過診察となります。

・5cmを超える場合
5cmを超える良性腫瘍や境界悪性腫瘍、悪性腫瘍の場合は、手術を行います。
将来的に妊娠を希望する場合は、卵巣の腫瘍のみを摘出して卵巣の正常部分を温存します。
捻転により卵巣が壊死している場合や悪性腫瘍の場合は、卵巣は全摘となります。
良性腫瘍の場合は、腹腔鏡下手術を行います。
【年に1回は卵巣の検査を受けよう】
卵巣嚢腫は良性のことが大半ですが、過度に大きくなったり妊娠することで、嚢腫の根元がねじれてしまうことがあります。
また、悪化すると卵巣摘出になってしまうこともあるので、軽視できない病気です。
悪化すると厄介ですので、早期発見のためには年に1回は卵巣の検査を受けるようにしましょう。
卵巣の検査は超音波で確認できるので、痛い検査ではありません。

便秘だと思って内科で超音波検査を受けたら卵巣に腫瘍が見つかった、なんていうパターンは少なくありません。
【ホルモンバランスで卵巣に負担がかかる】
ホルモンバランスが崩れることで、卵巣の腫れが発生しやすくなることがあります。
ホルモンバランスを正常にするよう、日ごろから心がけるようにしましょう。

月経周期を、数えてみましょう。
月経周期というのは、月経がはじまった日から次の月経がはじまるまでの期間です。
この期間が25~38日の間であれば、正常です。
この期間からずれる場合は、卵巣に何らかの問題が出ている可能性があります。

ホルモンバランスは、このような方法で正常なバランスにすることができます。

・女性ホルモンを高める食べ物を摂取する
キャベツや大豆イソフラボンには、女性ホルモンと同じような効果を発揮する成分が入っています。
この2つの食べ物を良く摂取することで、女性ホルモンのバランスを高めることができます。

・ストレスを溜めない
女性ホルモンは、ストレスを溜めこんでしまうとバランスが悪くなってしまいます。
ストレスを極力溜めないようにし、自分の趣味の時間を充実させましょう。
音楽を聴いたり映画を観たり、アロマも癒しに繋げることができますよ。

・カフェインは控える
カフェインは、女性ホルモンのバランスを乱してしまいます。
コーヒーで癒される人でも、カフェインが良くないので注意しましょう。

・過度なダイエット
1か月に3kg以上などの過度なダイエットは、ホルモンバランスに大きく影響を与えてしまいます。
過度なダイエットはせず、徐々に痩せていくようにしましょう。

・インスタント商品やジャンクフードの摂取を控える
インスタント食品やファストフードなどのジャンクフードは、栄養が偏ってしまうことで体に大きな負担をかけてしまい、ホルモンバランスを乱してしまいます。
病気になることを考えたら、ジャンクフードの摂取は控えましょう。

・質の良い睡眠を取る
睡眠は、女性ホルモンに大きな影響を与えます。
質の高い睡眠を取るようにし、ぐっすり眠れる環境を作りましょう。
22時~2時のゴールデンタイムは成長ホルモンを発揮するので、この時間帯は熟睡していることが大事となります。
この時間に熟睡できるよう、逆算して眠りにつくようにしましょう。
最低でも、深夜12時には眠るようにしましょう。
【軽度の場合は整骨院や接骨院で治療を受けてみよう】
5cm以下の卵巣嚢腫の場合は、整体での治療もオススメです。
卵巣の血行を良くして、癒着や硬さを取り除きやすくなり、卵巣の動きを高めることができます。
骨格を整えたり冷え性改善、下腹部の柔軟さを高めることで、卵巣周りのストレス発散とすることもできます。
卵巣嚢腫をこれ以上悪化させないケアとなるので、おすすめです。

 

福岡市早良区 卵巣嚢腫の種類なら、「常若整骨院」にお任せください。

福岡市 早良区 整体について詳しくはこちら

福岡市 早良区 整体

福岡市 早良区 整体に関する関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加