福岡市早良区 関節リウマチの症状

【関節リウマチとは】
関節リウマチとは、関節が腫れてしまう症状で、放置しておくと関節が変形してしまう病気です。
関節が炎症を起こしてしまい軟骨や骨が破壊されてしまうことで、関節の機能が損なわれてしまい、放置することで関節が変形してしまうのです。
他の関節の病気と違う部分は、関節を動かさなくても腫れや激しい痛みが発生することです。
手や足の関節に起こりやすく、左右の関節で同時に発生することも大きな特徴です。
痛みや晴れの状態は、手指の第2関節に出るのが典型的であり、左右対称になりやすい傾向があります。
しかし、右手や左手だけの単関節型と呼ばれる症状を訴える人も、近年は多くなってきました。
また、発熱や疲れやすさ、食欲減退などの全身症状も発生してしまい、関節の炎症が肺や血管などの全身に広がることもあります。

関節リウマチが発症するピークは、30~50歳代となっており、男性夜も女性の方が多く発症します。
60歳以上になってから発症することもあり、幅広い年代に発症する傾向があります。
【関節リウマチの原因】
関節リウマチの原因は、免疫の働きに異常が発生したことにより起きるといわれています。
免疫というのは外部から体内に入ってきた細菌やウイルスなどを攻撃して破壊して、それらを取り除く働きを持っています。
しかし、免疫に異常が発生することで、間違って自分自身の細胞や組織を攻撃してしまうことがあります。
その作用により炎症が発生してしまい、関節の腫れや痛みが発生してしまうのです。

体内で炎症が発生した場合は、サイトカインという物質が過剰に分泌されてしまい、その物質が炎症を悪化させてしまいます。
【関節リウマチは早期治療を】
近年の研究において関節リウマチという病気の関節破壊は、発症後の早期から進行することがわかっています。
発症から1年以内に関節破壊が急速に進行するので、放置しておくと大変なことになってしまいます。
そのため、早期に発見して治療を行えば、症状をコントロールして関節破壊の進行を防ぐことができます。

関節リウマチと聞くと、軽度の場合放置してしまう人もいるようです。
しかし、症状が悪化してしまうと大変な状態になってしまいます。
関節部分がおかしいなと思ったら、すぐに病院で相談をしましょう。

また、関節リウマチは病気と診断することが意外と難しいので、できるだけ関節リウマチの専門医に相談をして、早期治療を受けましょう。
関節リウマチの専門医がわからない場合は、まずはかかりつけの病院に相談をして、そこから紹介状を書いてもらって専門医を受診すると良いでしょう。
内科や整形外科に専門医がいる場合もありますので、まずはかかりつけ医に相談しましょう。
【関節リウマチの症状】
関節リウマチは、このような症状が発生します)

・朝起きた後30分以上手のこわばりがある
・パジャマのボタンが外しにくい
・鍵が開けにくい
・歯ブラシが持ちにくい
・コーヒーなどの缶飲料の蓋が空けにくい
・TVのリモコンが押しにくい
・ドアノブが回りにくい
・靴紐が結びにくい
・ハサミが使いにくい
・お箸が上手に持てない

これらは、関節リウマチに典型的な症状です。

関節リウマチの症状は、朝起きてから30分以内くらいにもっとも出やすい傾向があります。
日中や夜は落ち着くので、楽になります。
そのため、朝の用意などのタイミングに気付く場合が大半です。

関節リウマチの主な症状は、関節の腫れと痛みです。
初期症状の場合は、関節の炎症にともなうこわばりが発生し、腫れと痛み、発熱が発生します。
進行していくと、関節の軟骨や骨が破壊されて、関節の脱臼や変形などが発生していきます。
さらに症状が悪化してしまうと、日常生活や家事、仕事に支障がでてきてしまいます。
最悪の場合は介助が必要になる場合もあり、生活する上での機能障害が発生してしまいます。
【関節リウマチの診察】
関節リウマチは他の症状と似ている症状なので、診察は簡単ではありません。
問診や診察、血液検査などに基づいて、専門医が判断します。
1つ以上の関節に腫れがあって、腫れや痛みのある関節の数の確認、血液検査の内容、関節炎の持続期間、炎症反応の有無などによって判断していきます。
近年は、関節1か所でも腫れがあって、画像診断で骨ぶらんが確認できると、関節リウマチと診断される基準が発表されています。

検査の時間はそれほどかかりませんが短時間では終わらないので、時間に余裕を持って診察を受けるようにしましょう。
【関節リウマチの治療方法】
関節リウマチの治療方法?、症状や痛みに合わせて選択します。
一般的に、このような治療を行っていきます。

・薬物療法
関節の痛みや腫れ、関節破壊を抑えるために、薬物で抑えていきます。7

・リハビリ
リハビリにより関節の動く範囲を広げて、血流を良くして痛みや筋肉のこわばりを取る方法です。
また、患部を温めることで痛みやこわばりを取る温熱療法を行うこともあります。

・手術療法
悪化した場合は、手術にて増殖した関節の滑膜を取り除く手術や、破壊された関節を人工関節に置き換える手術を行います。
【整骨院や接骨院で関節リウマチ治療】
関節リウマチは、整骨院や接骨院での治療もオススメです。
整骨院や接骨院での治療がオススメな理由は、これらが挙げられます。

・整体で免疫力を上げる
免疫力を上げることで体の治癒力が上がるので、関節リウマチの症状を抑えることができます。

・血流を良くする
骨盤の位置を正常にして血流を良くすることで、関節リウマチの症状を緩和させます。

・患部へ直接治療
患部へ直接治療を行うことで、発生している痛みなどの症状を抑えます。

整体にはこれらの効果があるので、辛い関節リウマチの症状を抑えることにピッタリなのです。
関節リウマチの方の中には、病院と整骨院や接骨院の通院を併用されている人も多くいます。
関節リウマチの辛さを少しでも取りのぞくために、整骨院や接骨院での治療も取り入れてみましょう。

 

福岡市早良区 関節リウマチの症状なら、「常若整骨院」にお任せください。

福岡市 早良区 整体について詳しくはこちら

福岡市 早良区 整体

福岡市 早良区 整体に関する関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加