福岡市早良区 先天性股関節脱臼の症状

【先天性股関節脱臼とは】
股関節は、脚の付け根にある関節です。
腸骨の受け皿部分に、大腿骨の端の球状の骨がはまるような形になっています。
先天性股関節脱臼は、股関節が上手くはまらずに脱臼してしまう症状です。
赤ちゃんに良く生きる症状であり、誰にでも起こりうる症状です。
生後間もない赤ちゃんは、まだ関節や靭帯、筋肉などが発達していないので、股関節にちょっとした無理な力がかかるだけで脱臼してしまうことがあります。

「先天性」という言葉が付いているので、生まれた時からなっている症状と思う人も多いようです。
しかし、ほとんどの場合生まれた後に起きる、後天性の症状と言われています。
見た目にはわからないことが多いので、生後1カ月や3~4か月健診の際に気が付くことが大半です。

女の子の方が、先天性股関節脱臼になりやすいと言われています。
その理由は、骨盤の形や関節の緩さに男女差があり、女の子の方がなりやすい要素が多いからです。
【先天性股関節脱臼の症状】
固化熱が脱臼していても、赤ちゃん自身には特に痛みを感じることがありません。
赤ちゃんは生後しばらく立って歩くことがないので、支障をきたさないのです。
そのため、周りの家族も気づかないことが多く、診断が遅れてしまいます。

先天性股関節脱臼にはこのような症状が出ますので、ママやパパは赤ちゃんをチェックしてみるといいでしょう。

・左右の太股のしわの数や雰囲気が極端に違う
・左右の脚の長さが極端に違う
・股関節がスムーズに開きにくい
・ひざを曲げて股関節を回すとポキポキ音が鳴る

このような症状が全て先天性股関節脱臼だと断定はできませんが、先天性股関節脱臼にありがちな症状となっています。
気になると思ったら、早めに専門医に診てもらいましょう。
先天性股関節脱臼の診察は、整形外科か小児科となります。
【先天性股関節脱臼の原因】
先天性股関節脱臼になってしまう原因は、お腹の中にいる時の体勢の悪さによって発生してしまうようです。

お腹にいる時の通常の赤ちゃんがする形は、手はひじを曲げて万歳をするW字型となっており、足はひざを曲げて開いたM字型となっています。
この形は、股関節や肩関節がしっかりはまって、リラックスしやすいポジションとすることができるので、この形でお腹の中にいます。

逆子の場合は、出産人の際は足を開いた状態にならないといけないので、その際に股関節が脱臼してしまうこともあります。
そのほか、出産後に足を閉じた状態でおくるみにくるんだ時間が長い場合、足を無理に引っ張ることで発生してしまうこともあるようです。
【先天性股関節脱臼の治療方法】
先天性股関節脱臼の治療は、発症した時の年定や程度により異なります。
一般的には、このような内容で治療を行っていきます。

・セルフケア
早期の状態であれば、自宅でのセルフケアで充分改善していきます。
寝ている時は自然なM字になるようにし、抱っこする場合は足をまっすぐにしせずに、両足の間に手を入れてしっかり足を開いてあげるとよいでしょう。
おむつや衣類は、ゆったり目の物を着せてあげるようにしましょう。

・装具療法
脱臼の状態が強い場合は、リーメンビューゲスという装具を使って固定して治療を行っていきます。
リーメンビューゲスという装具は、股関節をM字に開いた形で固定する装具です。
足を固定して動かすことができない装具ではないので、安心して使うことができます。
リーメンビューゲスを着用すると、多くの場合数週間で股関節の脱臼除遺体が整復されていきます。
整復状態が確認されたら、そこから3カ月程度着用することで再脱臼をすることない股関節とすることができます。

・牽引治療
装具療法により8割程度改善しますが、それでも改善しない場合は牽引療法を行っていきます。
太腿の骨を牽引して、関節の位置が元に戻るように行う治療方法です。
装具療法と比べると動きが固定されるので、母子ともに苦痛となる療法となってしまいます。
装具療法で改善しない場合は、牽引療法を行うことが最後の方法となり、それ以上の状態となると手術商法しかなくなってしまいます。

・手術療法
保存療法で改善しない場合、手術療法となります。
先天性股関節脱臼で手術療法となってしまうのは、全体の3%ほどしかいません。
【先天性股関節脱臼は整体でも改善可能】
整骨院や接骨院でも、先天性股関節脱臼の治療が可能です。
整骨院や接骨院では、このような治療を行っていきます。

・股関節周りのマッサージを行う
・赤外線で温める
・電気を掛ける

これらの方法で、股関節に直接治療を行って改善へとみちびいていきます。
先天性股関節脱臼は体のゆがみも原因となっているので、施術を行いないながら体のゆがみを改善していき症状を緩和させていきます。
考えられる全ての原因に対して施術を行っていきますので、状態改善へとみちびくことができるのです。
先天性股関節脱臼で整骨院や接骨院に通っている人は多いので、改善しなく苦しんでいる場合は是非施術を受けてみるといいでしょう。
【先天性股関節脱臼の予防方法】
先天性股関節脱臼の予防は、足をなるべくM字にさせることです。
このようなケアで、先天性股関節脱臼の症状を緩和させていきましょう。

・抱っこする時は足を開くように股の間に手を入れてあげる
・おむつを変えるときは、足を伸ばして上にあげるのではなく、左右の脚の裏をくっつけて足をM字にして変えてあげる
・遊んでいる時は赤ちゃんの脚を無理やり引っ張らない
・片方の向きばかりに向く癖がある場合は、位置を変えたり反対側に向くようにする

このようなケアをするだけでも、先天性股関節脱臼の予防とすることができます。
是非注意して取りくんであげて、先天性股関節脱臼の症状を少しでも抑えるようにしましょう。
先天性股関節脱臼は、誰にでも起こることです。
もし発生しても、きちんとした治療を行えば、後遺症が残ることなく改善していきます。
しかし、発見が遅れてしまうと痛みも出るようになり、治療も複雑となってしまいます。
早期発見で、その後の人生に支障がないようにしていきましょう。

 

福岡市早良区 先天性股関節脱臼の症状なら、「常若整骨院」にお任せください。

福岡市 早良区 整体について詳しくはこちら

福岡市 早良区 整体

福岡市 早良区 整体に関する関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加