福岡市早良区 椎間板ヘルニアの再発防止

【椎間板ヘルニアとは】
ヘルニアとは、体の中にある臓器が通常の位置から飛び出てしまった状態をいいます。
ヘルニアの中でも有名な椎間板ヘルニアは、背骨のクッションである椎間板に起こったものを指します。
椎間板の中にある髄核というゲル状のものが、外に飛び出してしまった状態です。
通常は、椎間板の中にゲルがあることで、椎間板同士を直接ぶつからせずに済んでいます。
しかし、椎間板の中のゲルが外に飛び出してしまうことで神経に当たることで、様々な痛みを発症させてしまいます。

椎間板ヘルニアは、このような症状を引き起こしてしまいます。

・腰痛
・足の痛み
・足のシビレ
・足の感覚がなくなる
・足に力が入らない
・足が動かせなくなる
・排尿に異常がある
・排便に異常がある

このような症状が出てしまい、しまいには動けなくなってしまうこともあります。
足腰以外にも症状が出るのが、椎間板ヘルニアの特徴となります。

椎間板というのは、背骨の頚椎、胸椎、腰椎の全てに存在しています。
頚椎と腰椎は構造的に負担がかかりやすい部位なので、この2か所の椎間板でヘルニアが起きやすい傾向があります。
20~40歳代の男性に多く、よくある病気として知られています。
【椎間板ヘルニアになってしまう原因】
椎間板ヘルニアになってしまう原因は、椎間板への強い力による影響です。
椎間板は、髄核というやわらかい組織と、それを覆う繊維輪という堅い組織でできています。
椎間板に大きな力がかかってしまうと、繊維輪が破綻してしまうことで、そこから髄核が突出してしまいます。

線維輪が破綻してしまう原因は、これらが考えられます。

・加齢
・重い物を急に持ち上げる
・中腰動作
・激しいスポーツ

これらの直接椎間板にかかる負担により発症する場合もありますが、このような一見直接関係がないような原因によっても、発症してしまう場合もあります。

・喫煙
・遺伝
・ストレス
【椎間板ヘルニアの診察】
椎間板ヘルニアの診察は、MRIで検査をして確かめます。
ヘルニアはレントゲンでは確認しにくいので、MRIやCTで細かく検査していくことが大半です。

また、筋力検査や感覚検査などの神経的な検査を行って、椎間板ヘルニアを診断する場合もあります。
【椎間板ヘルニアの治療方法】
椎間板ヘルニアの治療は、保存療法と手術療法があります。
椎間板ヘルニアは自然治癒することもあるので、最初は保存療法から治療を行っていきます。

・薬物療法
非ステロイド性消炎鎮痛剤や筋弛緩薬などを使って、症状緩和へとみちびきます。

・神経ブロック注射
椎間板ヘルニアで激しい痛みがある場合は、局所麻酔やステロイドにより痛みをやわらげます。
注射の部位によっては、入院で治療を行っていくこともあります。

・電気療法
整骨院や接骨院では、電気療法で症状を改善していく方法を行っています。
強い痛みがある場合でも、電気を掛けることで楽になったという声も多く挙がっています。
薬に頼らない改善方法ですので、薬に頼りたくないと思う人におすすめの治療方法となります。

・理学療法
痛みが落ち着いたら、筋肉強化のために理学療法を行っていきます。
体操や牽引による筋肉強化で、椎間板ヘルニアを改善へとみちびきます。

・手術療法
保存療法を行っても改善しない場合は、手術療法を行っていきます。
【予防や再発防止のためのポイント】
椎間板ヘルニアは、日常生活の何気ないことが影響を与えてしまうことで、発症してしまいます。
そのため、日常生活に気を付けることにより、予防や再発ができるということになります。
これらの予防や再発防止対策で、椎間板ヘルニアにならないようにしましょう。

・長時間同じ姿勢を取らない
長時間同じ姿勢を行うことは、腰に大きな負担をかけてしまいます。
適度に休憩するようにし、腰にかかった緊張をほぐすようにしましょう。

・座る時の注意
あぐらや正座は、腰に大きな負担をかけてしまいます。
椅子に座るようにし、膝が股関節よりやや高めになる椅子を使って座るようにしましょう。

・運転の際の注意
運転の際は、深く腰を掛けることが非常に大事となります。
深く腰を掛けてシートに背中を密着させることにより、腰に負担をかけにくくさせることができます。
また、長時間の運転も腰には大きな負担となってしまうので、避けましょう。
運転中は適度に休憩を取り、こまめに休むことを心がけましょう。
さらに、車の乗り降りも急いで行わず、ゆっくりと行うことで腰に負担をかけにくくさせることができます。

・掃除の際の注意
掃除機を使う際は、上半身を起こした状態で使えるように長さを調整しましょう。
かがんで掃除機をかけないといけない場合は、ひざをついて行うと良いでしょう。

・物を持ち上げる時の注意
椎間板ヘルニアは、物を持ち上げる際に腰に大きな負担となり発症してしまうことがあります。
物を持ち上げたり取る時は、必ず腰を落として、自分の方へ引き寄せて行うようにしましょう。
中腰やひねりながら行うのは、大変危険です。
自分よりも上の物を取る場合は、台を使って背中をそらさないように取るようにしましょう。

・筋肉を強化する
背筋や腹筋を鍛えることにより、お腹のまわりの筋肉がコルセットの代わりとなり、腰に余計な負担を掛けずに生活していけるようになります。
軽いストレッチで良いので、筋肉強化していきましょう。

・減量する
体重オーバーは、腰にかかる負担が大きくなってしまいます。
身長に見合った適正体重とし、腰に負担をかけないようにしましょう。

・コルセットを付ける
仕事などで重い荷物を持ったり中腰にならないといけない場合は、コルセットを着用することで、腰にかかる負担を軽減させることができます。
椎間板ヘルニアは、軽度の場合は放置しておいても改善する場合もあります。
しかし、自覚がある場合のほとんどは、治療を受けないと改善はのぞめません。
治療やセルフケアで楽になっていきますので、早めのケアを受けるようにしましょう。

 

福岡市早良区 椎間板ヘルニアの再発防止なら、「常若整骨院」にお任せください。

※あくまで健康豆知識であり、内容を保証するものではありません