福岡市早良区 脊柱管狭窄症の神経痛の痛み

【腰部脊柱管狭窄症とは】
腰部脊柱管狭窄症とは、腰部の脊柱管に病変が起きてしまう症状です。
神経を治めている脊柱管の内面が、狭くなっている状態です。
前は椎間板と椎体後縁骨棘の突出、後ろからは黄色靭帯の肥厚、横からは椎間関節の棘により狭くなった状態となっています。
これらの状態になってしまうのは、椎間板ヘルニアのなれの果てで発生してしまうといわれています。

このような症状が発生している場合は、腰部脊柱管狭窄症の可能性があります。

・立ったり歩くことにより坐骨神経痛やしびれが発生する
・座ったりしゃがむと症状が緩和する
・カートを使って前傾で歩くと楽になる

これらの症状は、腰部脊柱管狭窄症の典型的な症状です。

腰部脊柱管狭窄症は、長い時間経過してしまうと狭窄状態が強くなっていきます。
このような症状がある場合は、すぐに病院で診てもらいましょう。
【腰部脊柱管狭窄症の原因】
腰部脊柱管狭窄症は、これらの原因で発症すると言われています。

・加齢
・労働の過酷さ
・背骨の病気
・ホルモンバランスの悪さ
・姿勢の悪さ

これらの原因によって、変形した椎間板と背骨や椎間関節から飛び出た骨などの影響により、神経が圧迫されてしまい症状を発してしまいます。

脊柱管というのは、背骨、椎間板、関節、黄色靭帯などに囲まれた、脊髄が通るトンネルです。
年齢を増していくと背骨が変形したり、椎間板が膨らんでしまったり、黄色靭帯が厚くなってしまうことにより、神経の通る脊柱管が狭くなってしまい、それにより神経が圧迫を受けてしまいます。
それにより神経の流れが低下してしまい、脊柱管狭窄症となってしまいます。

ほとんどの場合、老化やホルモンバランスの崩れにより発症してしまい、痛みなどの症状が出てしまいます。
【腰部脊柱管狭窄症の診察】
腰部脊柱管狭窄症の診察は、整形外科で行います。
レントゲンで、ある程度推測されます。
より詳しく診断するために、MRIや脊髄造影などの検査も必要となります。

はっきり腰部脊柱管狭窄症と診断できるので、適切な治療方法で改善へとみちびくことが可能となります。
【腰部脊柱管狭窄症の治療】
腰部脊柱管狭窄症は、このような治療方法をおこなっていきます。

・薬物療法
消炎鎮痛剤や血流の改善のために、薬物療法を行っていきます。
患部の血流を良くしていき、痛みやしびれを緩和させていきます。
患者さんによっては、筋弛緩薬や抗うつ剤、漢方薬などを使う場合もあります。

・温熱療法や電気療法
温熱療法は、温めることで血流を良くして改善へとみちびく治療方法です。
電気療法は専用の治療器を使い、筋肉の硬直や血流改善により、痛みを緩和させていく方法です。

・ブロック療法
硬膜外ブロックや神経根ブロックにより、痛みを軽減していきます。
大きな痛みがある場合でも、ブロック注射によって和らぎます。

・プラセンタ療法
人間の胎盤から抽出したプタラセンタエキスを、皮下や筋肉に注射することで、足腰の痛みやしびれを改善していく治療方法です。
衰えた神経や軟骨を修復する効果を持っており、脊柱管狭窄症の症状改善へとみちびきます。
脊柱管狭窄症のプラセンタ効果は、約4割に改善が見られたという結果があります。
また、手術後1年以内の場合、約6割の方に改善が認められています。

・牽引療法
牽引療法は、専用の装具を使って腰を引っ張り、椎間板にかかる負担をやわらげて改善へとみちびきます。

・運動療法
筋肉強化により脊柱管に負担をかけにくくすることで、痛みが出にくい状態へとみちびく改善方法です。
ストレッチや背筋、腹筋により、筋肉強化を行っていきます。
数多くの保存療法中では、運動療法が1番効果があったという声が多く挙がっています。

・コルセット療法
コルセットで腰を固定して、脊柱管に負担をかけにくくします。
コルセットは専用のものが必要となるので、医師に相談をして適したコルセットを使うようにしましょう。

・手術療法
脊柱管狭窄の症状がひどい場合は、手術を行っていきます。
狭くなってしまった脊柱管を広げて、根治を目指しという流れとなります。
特に、馬尾神経が著しく障害されていて、尿失禁や便秘などの排便障害、足腰の麻痺、感覚異状、重度の間欠性跛行がある場合は、早めの手術が大事となります。
【腰部脊柱管狭窄症は整骨院や接骨院でも治療が可能】
腰部脊柱管狭窄症は、整骨院や接骨院でも治療が可能です。
脊柱管狭窄症の原因は脊柱管が狭くなっていることも原因なのですが、症状が出る原因は筋肉も影響を与えています。
筋肉の機能低下により、痛みが発生してしまうのです。
脊柱管狭窄症の保存療法の中で運動療法が1番効果があったという声が挙がっていますが、その理由は筋肉の機能を高めたことにより、効果を実感しているということになります。
筋肉のこわばりを改善させることで、筋肉が上手く機能して痛みなどの症状を緩和させることができます。

整骨院や接骨院では、施術により筋肉のこわばりを改善へとみちにきます。
それにより、脊柱管狭窄症の症状を緩和へとみちびきます。
今まで整形外科での治療で改善しなかった人でも、筋肉のこわばり改善施術により楽になったという声が多く挙がっています。

また、骨盤調整等により血流もよくなっていくので、脊柱管狭窄症の神経痛の痛みもやわらげることができます。

あらゆる角度から考えても、整骨院や接骨院での治療は脊柱管狭窄症の改善に役立つ要素が多くあります。
整形外科で改善しなかった人は、整骨院や接骨院で施術を受けてみるといいでしょう。

整骨院や接骨院に施術は、痛そうで怖いという人も少なくないようです。
整骨院や接骨院での施術は、ボキボキ鳴らしながらの施術は一切行いません。
優しい力加減で施術を行っていきますので、気持ちよい施術とすることができます。

腰部脊柱管狭窄症の場合、改善しない場合は手術となってしまうこともあります。
悪化させないように、軽度の状態で治療を受けるようにしましょう。
整形外科で改善せず困っている場合は、整骨院や接骨院での治療もオススメです。

 

福岡市早良区 脊柱管狭窄症の神経痛の痛みなら、「常若整骨院」にお任せください。

※あくまで健康豆知識であり、内容を保証するものではありません

坐骨神経痛について詳しくはこちら

坐骨神経痛

この記事に関する関連記事