福岡市早良区 座骨神経痛の原因

【座骨神経痛とは】

634783d0f1c7c19629956149d8e605e5_s

座骨神経痛とは、坐骨神経が通っている道沿いに、痛みが出る症状です。
特に、お尻や太ももの後ろ側に痛みやしびれが出ることが多くあります。

坐骨神経痛は、病気ではなく症状です。
そのため、改善しやすい症状といえます。
もちろん、根気よく治療を受けないと改善しないので、早めの治療を受けるようにしましょう。

坐骨神経はお尻から脚に分岐しているので、症状は下半身に発生します。
比較的広範囲に発生し、人により症状の出方や範囲が異なります。

座骨神経痛は、このような症状が出ます。

・腰のしびれや痛み
・お尻から太ももにかけてのしびれや痛み
・すねやふくらはぎのしびれや痛み
・足に力が入りにくい
・歩くと痛みが出てくる
・歩けない
・左右の筋肉の大きさが違う
・焼けるような痛さがある
・冷たい感じがする
・何もしていないのにお尻や足が痛く眠れない
・座ると痛みが出るのでトイレに支障が出る
・足の甲に痛みやしびれが出る

このように、非常に多くの症状が出ることがわかります。
人により出る症状に違いが出るので、坐骨神経痛の患者さん同士でも症状が全く違う場合があります。

痛みの出方は、このような感じで出ます。

・電気がビリビリ走るような感じ
・ピリピリとした痛み
・圧迫感
・針で刺されたような痛み
・にぶい痛み
・冷感
・灼熱感

このように、痛みの出方もそれぞれ異なります。
強い痛みもあれば、弱い痛みもあります。
耐えられる痛みもあれば、耐えられないほど痛み痛みが出る場合もあります。

初期段階は、腰痛から始まることが多く、お尻から脚先へと症状が出ていきます。
一部分に強い痛みが出る場合もあれば、足の全体が痛くなる場合もあります。

 

【座骨神経痛の原因】

kayui_2

座骨神経痛の原因は、大きく分けてこれらの3つがあります。

・腰椎間板ヘルニア
様椎間板ヘルニアにより神経に触れてしまい、痛みやしびれは発症してしまうことがあります。

・腰部脊柱管狭窄症
脊柱管の空間が狭くなってしまうことにより、神経に触れて痛みが出てしまう場合があります。

・腰椎すべり症
腰椎すべり症により脊柱管が狭くなり、神経の圧迫により痛みやしびれが出てしまうことがあります。

 

【座骨神経痛の治療方法】

daeki_1

座骨神経痛の治療方法は、主にこのような治療方法をおこなっていきます。

・薬物療法
非ステロイド性消炎鎮痛薬などにより、症状を緩和させていく治療方法です。

・ブロック療法
痛みが強い場合は、局所麻酔により痛みの伝わりを止める神経ブロック療法を行っていきます。
痛くて辛い場合でも、局所麻酔で痛みがなくなり楽になっていきます。

・理学療法
運動やマッサージ、温熱等による理学療法により、症状を緩和へとみちびいていきます。

・手術療法
保存療法で効果が得られない場合は、手術療法で改善へとみちびいていきます。

 

【座骨神経痛を悪化させない方法】

kubikin_4 (1)

座骨神経痛は、悪化させないケアも非常に大事となります。
あらゆる治療に加えて、これらのケアも行っていきましょう。

・姿勢を正す
姿勢が良くないと、坐骨神経に大きな影響を与えてしまいます。
普段から正しい姿勢をキープするようにし、足を組むなどの癖は絶対に止めましょう。

・重たいものを持たない
重たいものを持つと、坐骨神経に大きな負担をかけてしまいます。
重いものは持たないようにし、持つ時は廃部に負担を掛けない姿勢で持つように心がけましょう。

・激しい運動は避ける
激しい運動は、坐骨神経に大きな負担をかけてしまいます。
激しい運動は避けて、運動をする場合は軽度な運動にしましょう。
また、腰部の筋力アップは坐骨神経痛の痛みを軽減させることができるので、軽い運動をして筋力アップへとみちびいてみましょう。

・肥満を改善させる
体重方は、坐骨神経に大きな負担をかけてしまいます。
肥満の場合は減量して、腰に負担をかけないようにしましょう。

・冷えを防ぐ
体を冷やすと、腰に大きな負担をかけてしまいます。
腰や臀部、足は冷やさないようにして、温かくする癖を付けましょう。
湯船に入るようにし、温かいものを口にするようにし、薄着は避けましょう。

・痛みがある場合は安静にする
痛みが激しい場合は、安静にして痛みをやわらげましょう。
痛みがあるのに激しく動くと、坐骨神経痛を悪化させてしまいます。

坐骨神経痛は、少しの治療で改善するということはありません。
根気よく治療を続けることにより、改善へとみちびくことができます。
治療に効果を感じない場合は、治療先を変えることも1つの方法となります。
整骨院や接骨院での治療は、患部にピンポイントに治療を行うことができるので、オススメです。
スッキリ改善していきますので、痛みがある場合は1度通ってみるといいですよ。

 

【坐骨神経痛は整形外科と整骨院を使い分けるべき】

tokowaka_650 (1)

坐骨神経痛かなと思ったら、整形外科を受診しましょう。
整形外科を受診してほしい理由は、確実な原因を掴むためです。
あらゆる検査などにより、なぜ坐骨神経痛が発生しているのかを調べてもらいましょう。
レントゲンやMRIなどの検査を行って、細かい部分まで調べます。
基本的に、整形外科での治療は薬物療法やブロック療法となります。

しかし、それらの治療では改善まで時間がかかってしまうことが大半です。
痛みや症状が改善せず困った場合は、整骨院や接骨院での治療も取り入れてみましょう。

整骨院や接骨院では、マッサージや電気療法、整体などの幅の広い治療を受けることができます。
症状が出ている部分に対してピンポイントで治療を受けることができるもで、体全体で調整をしていくことができます。
じっくりと根本から改善へとみちびくので、早めの改善が期待できます。
整形外科で改善しなかった場合でも、整骨院や接骨院で症状が緩和したというケースはとても多くあります。
また、整骨院や接骨院では、日常生活の姿勢やストレッチなと、アドバイスももらうことができます。
体全体の悩みが改善するので、座骨神経痛以外の症状も改善へとみちにびくこともできます。

 

福岡市早良区 座骨神経痛の原因なら、「常若整骨院」にお任せください。

※あくまで健康豆知識であり、内容を保証するものではありません

坐骨神経痛について詳しくはこちら

坐骨神経痛

この記事に関する関連記事