福岡市早良区 不整脈の完治

【不整脈とは】
不整脈とは、脈の打ち方がおかしくなる状態です。
早い脈になったり遅い脈となったり、そのような不規則な脈の状態となります。
通常、脈がおかしいと思うきっかけは、このような脈ではないでしょうか。

・ドキドキする
・動悸がする
・脈が異常に遅い
・脈が異常に早い
・脈が飛ぶ
・脈が不規則になる

このような脈の異常で、不整脈と気づきます。

また、自覚症状は全くないのに、病院で心電図を撮ると不整脈とわかる場合もあります。

脈というのは、心臓から押し出される血液の脈動が血管に伝わってくることにより、感じるものです。
そのため、不整脈が起きているということは、心臓のリズムに異常が起きている証拠といえます。

心臓は、筋肉で出来た臓器です。
心臓の筋肉にかすかな電気が流れることにより興奮して、心臓が動くという流れとなっています。
通常電気が発生する部分に発生しない、または別の場所から電気が流れると、心臓が上手く機能しなくなり興奮しなくなってしまいます。
不整脈は、心臓に流れる電気の異常や刺激は上手く伝わっていない状態であることを意味しています。
【不整脈はなぜ起きるのか】
不整脈というと、心臓が悪いからともう人が大半です。
不整脈は電気系統の故障なので、心臓が悪いから発生するのではありません。

不整脈の原因として多いのは、これらが挙げられます。

・加齢
・体質
・ストレス
・睡眠不足
・疲労

加齢の人に毎日心電図を撮って記録してみると、毎日1~2個は不整脈が見つかります。
そのため、年齢を増すことにより、誰でも少しずつ不整脈が発生して増えていくといえます。
そういう意味では、不整脈は誰でも発症する症状といえます。

心臓というのは、1日約10万回動いており、収縮と拡張を繰り返しています。
稀に規則正しくない刺激で不規則な収縮が起きている、それが不整脈と考えると良いでしょう。

また、既に心臓の病気があることにより、心臓に流れる電機の流れ方がおかしくなってしまい、不整脈が起きることもあります。
そのため、不整脈になったら、1度は病院で診てもらうことが非常に大事となります。
【不整脈の中には怖いものもあるので気を付けよう】
不整脈の中には、怖い不整脈もあります。
これらの不整脈には、要注意です。

・何もしていないのに「ふぅ~」っとする
脈拍が1分間で40以下で、体を動かす際に強い息切れを感じる場合は、脈が遅すぎることによる心不全を起こしている可能性もあります。
この場合も、すぐに病院で診てもらいましょう。
場合によっては、ペースメーカーでの治療が必要となる場合もあります。

・急に意識がなくなる(失神)
失神が出た場合は、できるだけ早く病院で診てもらいましょう。

・突然動悸がはじまる
突然動悸がはじまる場合は、頻脈が起きている可能性があると考えられます。
脈拍数が1分間に120回以上で、突然始まって突然止まる、または腹側に打つ場合は、病的な頻脈が考えられます。

これらの場合は、一時的に心臓が止まっているか、極端な頻脈が起きている可能性が考えられます。
【怖くない不整脈とは】
不整脈の中には、怖くない不整脈もあります。
脈がたまに飛ぶ場合は、症状のない徐脈の場合は心配がないことがほとんどです。
また、運動や精神的な興奮により脈が速くなる場合も、全く問題ありません。

目安としては、運動や興奮などにより上がる脈拍数が1分間に120までであり、その後徐々に遅くなる場合であれば、病的な不整脈は考えられないといえます。

不整脈だと思い病院に運ばれる人の中には、時間が経過すると徐々に症状が落ち着いていく人が多くいます。
あまり不整脈ではないかと思い込んでしまうと、それが不安となってしまい過呼吸となってしまうことも少なくありません。
1分間に120以下で規則正しく脈を打っているのであれば、大丈夫だと自分に言い聞かせるようにしましょう。

ただし、不整脈が起きることには、何かのきっかけや原因があるということになります。
安心できる不整脈であっても、それが頻繁に続く場合は1度専門医に診てもらうようにしましょう。
【不整脈の診察方法】
不整脈の診察方法は、心電図、胸部X線、血液検査、心臓超音波検査などにより行います。
いずれも、痛みを伴わない検査となっています。

不整脈の数がどれくらいあるのか、危険な不整脈はないのか、症状との関係はないのか、狭心症は出ていないのか、などを検査して判断していきます。

不整脈の診察は循環器科ですので、循環器科で診察を受けるようにしましょう。
他の病気も気になるのであれば、総合病院で診てもらうと良いでしょう。
【不整脈は完治するのか】
不整脈の治療方法は、この10年間で目覚ましく進歩しています。
そのため、不整脈のほとんどが治せるようになってきました。

薬物で改善しない場合もりますが、その場合はペースメーカーを体内に取り付けることで、健康な人と変わらない生活を送ることができます。

ほとんど完治するといわれていますので、根気よく治療を受けるようにしていきましょう。
【不整脈の治療方法】
不整脈の治療方法は、このような内容で行っていきます。

・薬物治療
抗不整脈薬を使って、頻脈性不整脈を改善していきます。
色んな薬があり、合う合わないがありますので、何種類かの薬を試して合う薬を見つけて治療を行っていきます。
抗不整脈により、不整脈の悪化や新たな不整脈が発生してしまうこともあります。

・ペースメーカー移植術
医療用電子機器でありペースメーカーを、人工的に心臓に埋め込んで人工的に心拍を開始させる電気刺激を放出させます。
手術により体内に埋め込むのですが、手術時間は30~60分程度と短期間で行うことができます。
ペースメーカーのバッテリーは10~15年程度は使用でき、その後必要によっては埋め換えとなります。

・直流通電除細動
心臓に電気ショックを与えて頻脈性不整脈を停止させて、正常な律動へと回復させる治療方法です。

福岡市早良区 不整脈の完治なら、「常若整骨院」にお任せください。

福岡市 早良区 整体について詳しくはこちら

福岡市 早良区 整体

福岡市 早良区 整体に関する関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加