福岡市早良区 急性膵炎のケア方法

【急性膵炎とは】
膵臓というのは、食事の際の消化に必要な酵素を分布しています。
膵臓が正常に働いている時は、それらの消化酵素が膵臓自体を消化してしまわないよう、安全に働いています。
しかし、何らかの原因によって上手く機能しなくなってしまい、膵臓が自分で自分を消化しようとしてしまいます。
この状態になると膵臓がむくみ、出血、壊死などを発生してしまい、この状態を急性膵炎といいます。

炎症を起こしてしまった膵臓からは、他の臓器に悪影響を与える様々な物質が大量に放出されてしまい、血液中に流れ込んでしまいます。
それにより、心臓や肺、肝臓、腎臓、消化器官などに弊害を与えてしまい、機能が衰えてしまいます。
【急性膵炎の原因】
急性膵炎の原因は、これらが挙げられます。

・アルコール
急性膵炎の1番の原因と言われているのが、アルコールです。
お酒を飲み過ぎる方は、急性膵炎になりやすい傾向があります。
飲酒を続けていると膵臓の分泌がアルコールによって刺激されることで、大量の膵液によって膵管の内圧が高くなってしまい、膵炎が起きるという流れとなります。
また、アルコールが体内で分解される際に発生する物質が、膵臓の細胞を直接傷つける可能性があります。

・胆石
胆石も大きな影響を与えてしまい、胆石が胆管の中を移動して膵液の出口をふさいでしまうことにより、急性膵炎を発症させてしまいます。

・原因不明
原因不明で発症してしまうこともあり、突発性急性膵炎といいます。
【急性膵炎の症状】
急性膵炎になると、このような症状が出ます。

・腹痛
腹痛は人により程度が違い、上腹部に激しい痛みを訴える方もいれば、軽い痛み発症する人もいます。
痛みは持続性があり、痛む場所もみぞおちからおへそまで広い範囲に及びます。
また、痛む場所が特定せず、痛みを感じる場合もあります。

・吐き気
吐き気や嘔吐を繰り返し、吐いても腹痛が改善しません。

・背中の痛み
膵臓は背中側にあるので、背中に痛みを感じる場合もあります。

・発熱
炎症を起こしているので、発熱を伴う場合もあります。

そのほか、食欲不振や膨満感などの症状が発生する場合もあります。

これらの症状は、徐々に出てくることもあれば、突然発症する場合もあります。
痛みが徐々に楽になっていくこともありますが、時間と共にどんどん重症になることもあります。
お腹の痛みや背中に痛みがある場合は、早めに内科や消化器科で診てもらうようにしましょう。
【急性膵炎の診察】
急性膵炎の診察は、これらのポイントにより判断をしていきます。

・上腹部に急性腹痛発作と圧痛がある
・血液中や尿の中、もしくは腹水の中に膵酵素の上昇が確認される
・腹部CT検査や腹部超音波検査により膵臓に急性炎症が見られる

急性膵炎というのは。と口説く刻々と変化していく病気ですので、重症なのか否かも診断を早期に行い、適切な治療の選択を行っていくことが重要となります。
【急性膵炎の治療方法】
急性膵炎の治療は、ほとんどの場合入院となります。
入院しないといけない理由は、発症から2~3日間は経過をみて適切な治療を行わないといけないので、入院となります。
手術をしないのになぜ入院なのかと思う人もいるようですが、適切な治療と膵臓の安静のためには絶対に必要となります。

入院をし、これらの治療方法をおこなっていきます。

・絶飲食
絶飲食として、膵臓を安静させます。

・薬物療法
潰瘍や消化管出血を防ぐために、胃酸分泌抑制薬を使って負担を軽くさせます。
また、蛋白分解酵素阻害剤を使って、急性膵炎の本態である自己消化をしている酵素を抑えていきます。
さらに、膵臓内や膵臓のまわりの感染を防ぐために、抗生物質を使います。

・点滴
絶飲食なので、点滴により栄養を与えていきます。

これらの治療により、状態が緩和されて血液検査で問題がなくなれば、退院となります。
入院の期間はそれぞれ違いますが、2週間から1か月程度で退院できるといえます。
【整体での治療も効果的】
膵炎の方にオススメなのが、整体での治療です。
整体で内臓の位置を正常な位置に戻し、血流を改善して症状緩和へとみちびく考えです。

膵炎になると、あらゆる臓器に影響を与えてしまいます。
臓器は骨盤のズレにより正常な位置におらず、窮屈な状態になっていることがあります。
整体により骨盤のズレを改善することにより、臓器の位置も元通りにすることができます。
それにより各臓器への負担が少なくなることで、症状緩和へとみちびくことができます。

薬物療法などにより改善せず辛い場合は、整体での改善も試してみるといいでしょう。
整体により膵炎の状態が楽になったという声は、大変多くあります。
薬物療法と併用して、楽になっていきましょう。

膵炎の整体施術は、できる整骨院や接骨院と出来ない整骨院や接骨院があります。
事前に電話をして問い合わせをしてから、通うようにしましょう。
【急性膵炎のケア方法】
急性膵炎としないためには、膵臓に負担をかけないことです。
これらに注意して、生活を送るようにしましょう。

・アルコールを摂取し過ぎない
アルコールの摂取のし過ぎは、膵臓に大きな負担をかけてしまいます。
アルコールの量はひかえて、ほどほどにしましょう。
膵炎経験者は、アルコールの摂取をオススメできません。

・暴飲暴食をしない
暴飲暴食は、膵臓に負担をかけてしまいます。
腹8分目にして、食べ過ぎや飲み過ぎは控えるようにしましょう。

・刺激の強いものは控える
刺激物は、膵臓に大きな負担をかけてしまいます。
辛い食べ物は、絶対に摂取しないようにしましょう。

・脂っこい食事を控える
脂肪分の過剰摂取は、膵炎のリスクを高めてしまいます。
脂身の少ない食事とするようにし、揚げ物などは控えるようにしましょう。
急性膵炎は、想像以上に危険な症状です。
発見が遅れると、大病に発展してしまうこともあります。
早期発見と治療を受けて、悪化させないようにしましょう。

 

福岡市早良区 急性膵炎のケア方法なら、「常若整骨院」にお任せください。

※あくまで健康豆知識であり、内容を保証するものではありません

胃腸の不調について詳しくはこちら

胃腸の不調

この記事に関する関連記事