福岡市早良区 整体で肋間神経痛改善

【肋間神経痛とは】
肋間神経痛とは、背中から胸のあたりの肋骨に沿って走っている肋間神経に痛みが出ている状態です。
針で刺したような、チクチクとした痛みが出ます。

激しい痛みが出ることもあるのに、検査をしても全く異常が出ないことも多く、患者さんが訴えること以上に納得いく診断をしてもらえないことがあるのも、肋間神経痛の特徴ともいえます。

このような症状がある場合は、肋間神経痛の場合が考えられます。

・肋骨に沿って痛みを感じる
・息を吸うと痛みを感じる
・喋ると痛みを感じる
・寝返りを打つ時に痛みを感じる、若しくは痛みで目が覚める
・脇腹あたりに痛みを感じる
・笑うと肋骨が傷む
・動くたび痛みで辛い
・背中を刺すような痛み

このような症状は、肋間神経痛の典型的な症状です。

肋間神経というのは、胸椎から出て肋骨周囲を通って胸へと向かっていきます。
そのため、肋間神経痛の痛みは、胸付近の片側に起こる場合が大半です。
稀に、両方に起こる場合もあります。

痛みが発生する場所は、これらが挙げられます。

・肋骨と肋骨の間
・胸まわり
・背中
・みぞおち

これらの場所に痛みが発生する場合は、肋間神経痛を疑いましょう。

外傷が原因であることをのぞき、痛みが一時的なものではなく2~3日続く場合は、専門医を受診しましょう。
内科や整形外科となり、気になる方は総合病院を受診するといいでしょう。
【肋間神経痛の原因】
肋間神経痛というのは、文字通り神経痛の1つです。
神経痛というのは、特定の抹消神経の支配領域に急に起こる激しく強い痛みのことをいいます。
そのため、何かに異常が起きて発生しているのではありません。

なぜ神経痛が起きるのか、肋間神経痛はこのようなことが原因と言われています。

・神経的ストレス
・加齢
・外傷
・骨折
・運動不足
・帯状疱疹
・変形性脊椎症

このようなことが原因で、発症してしまうことがあります。

中でも主な原因と言われているのが、身体的・肉体的ストレスです。
人間というのは、ストレス環境にいることにより体がこわばってしまい、背中や肩の筋肉に負担をかけてしまいます。
無意識に姿勢が悪くなってしまい、骨格や骨盤がゆがんでしまいます。
その後、肋骨付近の神経が筋肉などに圧迫されて痛みが出てしまい、それが肋間神経痛です。

ほとんどの場合は、ストレスを取り除くことにより改善していくといえます。

また、いつまでも肋間神経痛が改善しないことにより、それがストレスとなってしまい、さらに悪化してしまうことがあります。
治らないと思ったら、改善させるケアを行って改善へとみちびくようにしましょう。
【肋間神経痛の治療方法】
肋間神経痛の治療方法は、これら挙げられます。

・薬物療法
痛み改善の薬により、治療を行っていきます。
いわゆる、痛み止めの薬です。

・神経ブロック療法
痛みが伝達している神経部分に、局部麻酔を注射する方法です。
神経の伝達を遮断させ、痛みを軽減していきます。
麻酔薬の持続時間は、2時間程度です。
短い時間と思うかもしれませんが、短期間でも神経を休ませることができるので、痛みの悪循環状態から解放されることができます。

・手術療法
保存療法で効果が出ない場合、痛みを軽減させる手技療法として手術を行います。
痛みの原因となっている関節を手技により正常は状態へと回復させ、痛みを取り除いていきます。
肋間神経痛での手術は、ごく稀です。
【肋間神経痛のセルフケア方法】
肋間神経痛は、このようなセルフケア改善方法で痛みを改善へとみちびくことができます。

・ストレス発散
1番は、ストレス発散を行うことです。
人はストレスを抱え込んでしまうものですので、抱え込まないで済むことはできません。
抱えてしまったストレスを上手く発散させて、ストレスフリーになりましょう。
自分の時間を作って、ストレスを上手く発散させましょう。
趣味を充実して、自分の好きなことをやりましょう。
また、アロマや美味しい食事、よくしゃべること、笑うことも、ストレス発散に有力的です。
自分の時間を有効的に使っていくことで、おのずとなくなっていきます。

・自律神経を整える
自律神経を整えることも、肋間神経痛改善へとみちびくことができます。
早寝早起きをして、3食の食事をバランスよく摂取するようにしましょう。
適度な運動を加えて。体を動かす癖をつけるようにしましょう。
これらの生活改善により、乱れてしまった自律神経のバランスを改善させることができます。
毎日の充実にもつながりますので、是非チャレンジしてみましょう。

・血流改善
血流改善により、神経痛の緩和へとみちびくことができます。
体を温かくし、温かい食べ物を摂取する、薄着をしないなどを心がけましょう。

・運動
運動を行うことで、脊椎を支える筋肉や靭帯の老化を防いだり強化することができます。
運動をする癖をつけて、肋間神経痛になりにくい体質になりましょう。
ウォーキング程度の運動でいいので、毎日行うようにしましょう。
家の中で出来る、ちょっとしたストレッチでもOKです。
【整体で肋間神経痛改善】
肋間神経痛改善は、整体でも高い効果を期待することができます。
鍼灸治療などにより、ストレスにより乱れてしまった自律神経の働きを正常へとみちびきます。
また、肋間神経痛の神経圧迫の原因になっている筋肉に対して鍼灸治療を行うことにより、血流を良くして症状を緩和させていきます。

整骨院や接骨院では、患部にピンポイントで治療ができるので、高い効果を期待できます。
肋間神経痛が改善しなくて困ったら、1度整骨院や接骨院で治療を受けてみるといいでしょう。

肋間神経痛の施術を行っていない整骨院や接骨院もありますので、事前に電話連絡を取ってから通うようにしましょう。
肋間神経痛は、とてもつらい症状です。
放置しても改善しないこともありますので、あまりにも続く場合は専門医に診てもらうようにしましょう。
整骨院や接骨院での治療もとても効果的ですので、オススメとなります。
スッキリ改善させて、快適な生活へとみちびきましょう。

 

福岡市早良区 整骨院で肋間神経痛改善

※あくまで健康豆知識であり、内容を保証するものではありません

肋間神経痛について詳しくはこちら

肋間神経痛